引退表明のロッテ井口を恩師・王貞治氏も労う「生き様を見せてくれた」

引退表明のロッテ井口を恩師・王貞治氏も労う「生き様を見せてくれた」

ソフトバンク・王貞治会長【写真:Getty Images】

ソフトバンクを通じてコメント「これからも野球界のために活躍して欲しい」

 現役最年長野手のロッテ・井口資仁内野手(42)が20日、今季限りでの現役引退を表明した。

 21年間の現役生活で日米2000安打を達成し、日本一&世界一に輝いた名選手。プロ入り当初の恩師であるソフトバンク・王貞治会長も球団を通じてコメントを発表した。

「ホークスの強力打線の中心として2度の日本一。アメリカでも2個のチャンピオンリングを手にして、日米の野球界で大活躍でしたね。42歳までよく頑張って、野球の虫というかそんな生き様を見せてくれた。本当にご苦労様でした。これからも野球界のため、後進のために活躍して欲しいですね。 王貞治」

関連記事(外部サイト)