どんな助っ人ならNPBで活躍できるのか 敏腕代理人が試行錯誤で学んだ条件

どんな助っ人ならNPBで活躍できるのか 敏腕代理人が試行錯誤で学んだ条件

巨人時代のアレックス・ラミレス【写真:Getty Images】

ペタジーニ、ラミレスら日本での成功例を生んだグリーンバーグ兄弟

 日本で実績を残した選手が、必ずしもメジャーで活躍するわけではないように、メジャーで実績を残した選手が、必ずしも日本で活躍するというわけではない。例えば、メジャーで150本塁打を記録したケビン・ユーキリスは、2014年に楽天でプレーしたが、キャリアの終盤ということもあり、故障をきっかけに5月にはアメリカへ帰国してしまった。現在ドジャースのファームディレクターを務めるゲーブ・キャプラーは、2005年に巨人でプレーしたものの、日本の生活が合わずに怪我を理由に途中帰国。後に日本行きを決断したことを後悔する発言をしている。

 一方、メジャーでは活躍の機会を得られなかったが、日本移籍をきっかけにブレイクした選手も多い。かつてのタフィ・ローズやアレックス・カブレラ、現在で言えばウラディミール・バレンティン、マイルズ・マイコラスらが代表例と言えるだろう。日本での彼らの活躍を、いい意味で“サプライズ”と見るメジャー関係者も多い。

 外国人選手が日本で成功するか否かは、事前に予測可能なものなのか。あるいは、蓋を開けてみないと分からないものなのか。現在、西武のメヒアをはじめNPBに6選手、独立リーグには元ソフトバンクのバリオスら3選手を送り込む敏腕代理人、ピーター&エドワードのグリーンバーグ兄弟は「大分見極められるようになってきた」と言う。「野球の能力はもちろんだが、それ以上に気持ちの部分が大きいと思います」と、兄ピーター氏は続けた。

「何よりも大事なのは、日本でプレーしたいという熱意があるか。誰かに勧められたからではなく、本当にプレーしたい気持ちがなければ、長続きはしません。文化や生活様式の違いを受け入れられるか、チームプレーヤーであるか、練習に真面目に参加するか。日本の球団に選手を売り込む時は、技術的な部分以上に、そういった精神面や性格面を重視しています。

 何度か試行錯誤を繰り返しましたが、その選手が日本の野球に合うかどうか、今ではかなり高い確率で見極められるようになりました」

 2人が担当した成功例は、ヤクルトでプレーしたロベルト・ペタジーニ、そして現DeNA監督のアレックス・ラミレスだろう。NPB関係者からは今でも「ペタジーニのような選手はもう1人いないのか?」と迫られることもあるそうだが「ペタジーニは1人しかいません。ああいう選手は滅多に現れるものではないですからね」と笑う。

元オリックス助っ人の苦い経験、アメリカでは自己主張が必要も日本では…

 それでは、上手くいかなかった例は…? 弟のエドワード氏は苦笑いを浮かべながら「ロベルト・ペレスですね」と明かした。1999年にオリックスでプレーしたペレスは、開幕スタメンこそ勝ち取ったが、思った成績を残せず。1軍出場はわずか50試合に止まり、翌年に日本を離れた。「違いを受け入れられず、不満を漏らす形でしか解消できなかった。約5年のメジャー歴も邪魔をしてしまったようです」と、こんなエピソードを披露してくれた。

「打撃成績が上がらず、ある日ペレスの打順が9番になったんです。すると『こんなの納得がいかない。自分はメジャーでも9番なんて打ったことはない』と監督に直訴した。アメリカでは自分の能力をアピールすることは、自己プロデュース力として必要なものですが、日本では監督の決断に異議を唱えることはありませんよね。文化の違いに上手く対応できなかったんです。

 結局、この騒動と成績不振が相まって2軍落ちしたペレスは、1軍に上がる機会が無いままシーズンを終えてしまいました」

 同じく苦い経験となったのが、2009年に日本ハムでプレーしたルイス・ヒメネスだという。こういった経験も踏まえた結果が、今季はNPBに6選手、独立リーグに3選手を抱える実績に繋がった。

 日本で思うような成績を残せなかったものの、違ったスタイルの野球を経験し、選手としての引き出しを増やし、再びメジャーでプレーするチャンスを得た例もある。2000年、2001年にオリックスに在籍した左腕カルロス・プリードがその1人だという。2000年は先発、中継ぎ、抑えとあらゆる役割をこなし、7勝4敗4セーブの成績を収めたが、翌年は11試合の登板にとどまり、防御率は8.35だった。

「1994年にツインズでデビューしたカルロスは、台湾や日本球界を経て、再び2003年にツインズでメジャー復帰を果たしました。この時32歳になっていましたが、ツインズのトレーナーは『デビューした23歳の頃より動ける体になっている』と驚いていたくらい(笑)。昔からポッチャリした体型だったのが、日本でトレーニングやコンディショニングの基礎を学んで、引き締まった体になったんですね。デビューから9年後に同じチームで再デビューしたプリードの話は、今でも語り草になっています」

 エドワード氏は、プリードのメジャー復活劇について、そう振り返った。

 日本であれ、アメリカであれ、どの国であれ、選手のキャリアにとってプラスの経験となる場所を見つけ、サポートする。代理人として20年以上のキャリアを積み、ホセ・レイエス(メッツ)らメジャーを代表する選手をクライアントに持つ敏腕代理人になろうとも、グリーンバーグ兄弟の姿勢が変わることはない。

佐藤直子●文 text by Naoko Sato

関連記事(外部サイト)