パの新人王レース、西武源田がややリードか 投手の山岡、黒木、石川も?

パの新人王レース、西武源田がややリードか 投手の山岡、黒木、石川も?

ソフトバンク・石川柊太【写真:藤浦一都】

4割強の試合数を消化、投手ではオリ山岡が防御率2.59をマーク

 交流戦が終わり、各球団は4割強の試合数を消化した。この時点でのパ・リーグの新人王レースを見ていこう。

 新人王の資格は1年目のルーキーだけでなく、支配下選手に初めて登録されてから5年以内で、前年までの出場が投手は30イニング以内、野手は60打席以内の選手が該当する。

【投手】(10イニング以上、※はルーキー)

※山岡泰輔(オ)
9試合2勝5敗0S0H 55回2/3 防2.59

※佐々木千隼(ロ)
9試合2勝6敗0S0H 49回2/3 防5.98

石川柊太(ソ)
20試合2勝2敗0S1H 43回1/3 防2.70

※黒木優太(オ)
30試合4勝1敗1S15H 31回 防2.03

※森原康平(楽)
29試合1勝3敗0S13H 26回 防4.50

※有吉優樹(ロ)
25試合0勝3敗0S7H 26回 防3.46

松本裕樹(ソ)
6試合1勝1敗0S0H 25回2/3 防5.96

石川直也(日)
21試合0勝0敗0S7H 21回1/3 防3.38

※菅原秀(楽)
20試合1勝0敗0S1H 18回2/3 防4.82

※土肥星也(ロ)
16試合0勝1敗0S2H 17回1/3 防6.23

近藤大亮(オ)
16試合0勝0敗1S4H 16回 防5.06

公文克彦(日)
18試合1勝0敗0S0H 13回1/3 防4.73

福倉健太郎(西)
7試合0勝0敗0S0H 13回 防6.92

古川侑利(楽)
3試試合0勝1敗0S0H 13回 防4.15

※酒居知史(ロ)
10試合0勝0敗0S1H 11回2/3 防4.63

※高梨雄平(楽)
12試合1勝0敗S0H 11回 防1.64

※平井克典(西)
9試0勝0敗0S0H 11回 防0.82

※小林慶祐(オ)
12試合1勝0敗0S0H 10回2/3 防4.22

東條大樹(ロ)
8試合0勝0敗0S0H 10回2/3 防7.59

 オリックスの山岡は先発で起用され、2勝。規定投球回数に足らないが防御率は2.59。ロッテ佐々木は開幕からローテに入り、期待されたが、結果につながっていない。

 ソフトバンクの石川は救援で使われていたが、交流戦では先発に回り3試合2勝1敗2QS(クオリティースタート、6回以上を投げて自責3以下)と活躍した。オリックスの黒木、楽天の森原、ロッテの有吉、日本ハムの石川はセットアッパーとしてホールドを稼いでいる。

打者は…

【打者】(1安打以上)

源田壮亮(西)
63試合 255打数71安打2本23点18盗 打率.278※

武田健吾(オ)
50試合 144打数45安打2本11点0盗 打率.313

※石井一成(日)
56試合 147打数27安打1本9点2盗 打率.184※

平沢大河(ロ)
28試71打数15安打0本2点1盗 打率.211

水口大地(西)
25試合 25打数9安打0本2点4盗 打率.360

横尾俊建(日)
19試合 41打数8安打0本0点0盗 打率.195

香月一也(ロ)
16試合 33打数7安打0本2点0盗 打率.212

清水優心(日)
26試合 35打数5安打0本2点0盗 打率.143

※田中和基(楽)
14試合 25打数3安打1本2点2盗 打率.120

鈴木昂平(オ)
32試合 21打数2安打0本0点0盗 打率.095

岸里亮佑(日)
7試合 14打数2安打0本0点0盗 打率.143

森本龍弥(日)
5試合 9打数1安打0本0点0盗 打率.111

西武の源田は全試合に出場して打率は18位。18盗塁は日本ハム西川に次ぐ2位。正遊撃手として定着している。オリックスの武田は4月は外野の守備固めが多かったが、5月からはスタメン起用が増え、規定打席未達ながら3割をキープ。日本ハムの石井一は、打撃は物足りないが、内野のユーティリティとして使われている。

 投打ともに決め手に欠ける印象だ。投手では内容的にはオリックスの山岡だが勝ち星が足りない。ソフトバンクの石川は今後に期待。オリックスの黒木もセットアッパーとしてホールドをさらに積み上げれば可能性が出てくる。西武の源田は、規定打席に達しているので今のところ一歩リード。打率が3割に近づけばさらに期待が高まるだろう。

広尾晃●文 text by Koh Hiroo

関連記事(外部サイト)