セの新人王レースも混戦 投手のDeNA濱口、野手の中日京田が一歩リードか

セの新人王レースも混戦 投手のDeNA濱口、野手の中日京田が一歩リードか

中日・京田陽太【写真:荒川祐史】

今後の活躍次第で動く? 濱口は交流戦で3連勝&防御率2位と躍進

 交流戦が終わり、各球団が4割強の試合数を消化したプロ野球。パ・リーグ同様、セ・リーグの新人王レースも本命候補はいない。今後の活躍次第で大きく動く可能性もありそうだ。

 新人王の資格は1年目のルーキーだけでなく、支配下選手に初めて登録されてから5年以内で、前年までの出場が投手は30イニング以内、野手は60打席以内の選手が該当する。

【投手】(10イニング以上、※はルーキー)

※濱口遥大(De)
11試合 5勝3敗0S0H 61回1/3 防3.38

※星知弥(ヤ)
14試合 2勝2敗0S2H 53回1/3 防3.88

鈴木翔太(中)
8試合 3勝3敗0S0H 38回2/3 防3.72

中村祐太(広)
6試合 3勝1敗0S0H 29回1/3 防3.68

※加藤拓也(広)
6試合 1勝3敗0S0H 29回1/3 防3.68

※池田駿(巨)
22試合 0勝2敗0S1H 27回 防4.67

※小野泰己(神)
5試合 0勝3敗0S0H 27回 防5.33

※柳裕也(中)
6試合 1勝2敗0S0H 26回1/3 防4.10

三ツ間卓也(中)
30試合 2勝1敗0S11H 24回1/3 防2.59

熊原健人(De)
4試合 3勝1敗0S0H 20回 防5.40

※床田寛樹(広)
3試合 1勝1敗0S0H 17回1/3 防5.19

桜井俊貴(巨)
11試合 0勝1敗0S0H 14回2/3 防4.30

※進藤拓也(De)
11試合 0勝0敗0S0H 14回 防4.50

平良拳太郎(De)
4試合 1勝3敗0S0H 14回 防7.07

佐藤優(中)
13試合 2勝0敗0S2H 13回1/3 防5.40

 DeNAの濱口は先発ローテを維持し、交流戦は3連勝。交流戦では防御率0.93で全体の2位だった。中日の三ツ間卓也は、育成上がり。救援投手として11ホールドを記録したが、6月9日の登板を最後に2軍落ちしている。

打者は…

【打者】(1安打以上)

※京田陽太(中)
65試合 241打数68安打1本12点10盗 打率.282

※糸原健斗(神)
51試合 124打数28安打0本18点1盗 打率.226

西川龍馬(広)
32試合 64打数21安打2本12点3盗 打率.328

柴田竜拓(De)
30試合 36打数10安打0本1点1盗 打率.278

木下拓哉(中)
30試合 48打数10安打0本3点0盗 打率.208

辻東倫(巨)
11試合 19打数7安打0本1点1盗 打率.368

岡本和真(巨)
12試合 22打数5安打0本2点0盗 打率.227

井領雅貴(中)
18試合 21打数4安打0本2点0盗 打率.190

阿部寿樹(中)
11試合 13打数3安打0本1点0盗 打率.231

※佐野恵太(De)
18試合 21打数2安打0本1点0盗 打率.095

山崎晃大朗(ヤ)
5試合 12打数2安打0本1点0盗 打率.167

溝脇隼人(中)
12試合 14打数1安打1本1点0盗 打率.071

廣岡大志(ヤ)
3試合 8打数1安打0本0点0盗 打率.125

 中日の京田は規定打席に達して、打率は15位。正遊撃手として定着して5月、6月と月間打率は3割を超えと成長中だ。阪神の糸原は今季、正遊撃手の期待がかかった北條史也の打撃不振に伴って、遊撃手として先発出場が増えている。つなぐ打者として起用されている。広島の西川は左の代打が多かったが、6月に入って三塁での先発出場が増えている。

 パと同様、投打ともに決め手に欠ける印象だ。投手ではDeNAの濱口遥大が上り調子。今後の活躍次第では可能性が高まる。規定投球回数に達するかどうかがポイントか。野手では中日の京田がリード。彼も上り調子、打率が上がれば新人王が決定的になるだろう。

広尾晃●文 text by Koh Hiroo

関連記事(外部サイト)