ソフトB柳田、史上初の交流戦2度目MVP 記憶にあるのは“珍サヨナラ打”!?

ソフトB柳田、史上初の交流戦2度目MVP 記憶にあるのは“珍サヨナラ打”!?

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

推定10メートルのサヨナラ打「すごいラッキー」→翌日に145メートル特大弾

 ソフトバンクの柳田悠岐が、日本生命セ・パ交流戦の最優秀選手賞(MVP)を獲得した。柳田は2015年の受賞に続き2度目。2度目の受賞は交流戦史上初の快挙だ。柳田には日本生命保険相互会社から賞金として200万円が贈られる。

 柳田は交流戦18試合に出場し、打率.338、7本塁打を記録。12球団で1位となる23打点を叩き出すとともに、同1位タイとなる得点圏打率.565でチームの3年連続最高勝率に貢献した。

 最も印象的だったのはヤクルト戦(ヤフオクドーム)での打撃だ。6月6日の初戦では10回裏に推定飛距離10メートルのサヨナラ内野安打を記録すると、その翌日には推定飛距離145メートルの超特大弾。そのどちらもがフルスイングの結果というのが柳田らしい。

 2度目の受賞について「今はすごく幸せです」と語る柳田自身も、6日のボテボテのサヨナラ打が一番印象に残っているという。

「すごいラッキーだな、と。(翌日の)ホームランは自分の理想のバッティングができましたが、記憶にあるのはサヨナラヒットですね」

負傷者続出で4番を任されるも…内川、デスパイネに「早く戻ってきてくれと」

 内川聖一に続いてデスパイネが離脱したあとは4番を任されることもあった。

「4番を打つ人がいなかったからしょうがないかな、と。試合に出られるだけでも幸せだと思ってやっていましたが、すぐに(4番を)外されたので(笑)。責任というか、(内川、デスパイネに)早く戻ってきてくれと思いながらやっていました」

 また、ヤフオクドームでは4試合連続でお立ち台に上がる活躍も見せたが、それについては「こういうことがあるから野球はやめられない」といって会見の場を和ませた。

「チームメートのみなさんのおかげで打点をあげられた。自分の力ではなくチームメートみんなのおかげなので、感謝したいです。(チームの3年連続最高勝率も)チームメートの力と熱いファンのおかげだと思います。また長いシーズンが待っているので、しっかりとコンディションを整えて、最後までこの勢いで戦えるようにがんばりたいです」

 最初に交流戦MVPを受賞した2015年は、そのままの勢いでシーズンを突っ走りトリプルスリーを達成。シーズンMVPも獲得するなど、柳田にとって大きな飛躍の年となった。今年も、この受賞をきっかけにさらなる活躍を見せてくれることだろう。

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

関連記事(外部サイト)