鷹ドラ1田中正義、復帰戦でいきなり152キロ「これで第一歩を踏み出せた」

鷹ドラ1田中正義、復帰戦でいきなり152キロ「これで第一歩を踏み出せた」

ソフトバンク・田中正義【写真:福谷佑介】

3軍戦に登板、1イニングをパーフェクト

 ソフトバンクのドラフト1位ルーキー・田中正義投手が23日、3軍交流試合の西部ガス戦(筑後第二)で実戦復帰を果たし、いきなり最速152キロをマークした。1イニングを投げて無安打無失点に抑え、試合後は「無事に1イニングを投げて、少し安心しました。これで第一歩を踏み出せたかなと思います」と表情を和らげた。

 右肩の違和感で3月中旬からリハビリを続けてきた最速156キロ右腕にとって、春季キャンプ中の2月23日の紅白戦以来となる実戦マウンド。そして、プロ入り後初の対外試合の登板となった。先発したドラフト2位ルーキーの古谷優人投手の後を受けて、2番手でマウンドへ。「ドラ2&ドラ1」リレーで、5回にマウンドに上がった。

「今日は内容よりも、1イニングをしっかり投げることが大事だと思っていた」。先頭打者を真っすぐで詰まらせて右飛に取ると、続く打者は真っすぐで空振り三振に。最後も真っすぐで左飛に打ち取り、ちょうど4ヶ月ぶりのマウンドは、1イニングをパーフェクトに封じた。

球団のスピードガンで150キロ連発「まあまあですね」

 13球中12球が真っすぐ。球場での表示は最速で144キロだったが、この日の試合が行われた筑後第二球場はスピードガンの設置の角度で辛めの数字が出る傾向にあり、バックネット裏で計測している球団のスピードガンでは最速152キロをマーク。150キロ台のボールは他にも数球計測しており「(球速は)まあまあですね。球速よりも、納得できるボールを増やしていきたい」と語った。

 3月中旬から続いたリハビリの日々。ノースローの期間もあり、「しんどい時期もあったりもして、マウンドに上がることを想像しづらい時期もありました」と振り返る。「怪我をしないに越したことはない。自分を見つめ直す期間になった。それはこれからも変わらないですが、いい方向に向かうキッカケになった。無駄な時間ではなかったと思います。過去と比べるのではなく、これからどう成長していくか。成長出来るように頑張ります」と誓う。

 復帰への第一歩を踏み出した最速156キロ右腕。「この4か月を意味あるものにしたいと思います。しっかり段階を踏んで、今季中に1軍で投げられることが出来れば、嬉しいです」と、今季中の1軍デビューを目標に掲げた。5球団競合の末にソフトバンクに加わった田中正義が、復活へ向けて着実に前進していく。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

関連記事(外部サイト)