1軍復帰のハム大谷が現状語る 走りに「怖さ」も「自重しながらやれれば」

1軍復帰のハム大谷が現状語る 走りに「怖さ」も「自重しながらやれれば」

大谷1軍復帰も"走りに怖さ"

1軍復帰のハム大谷が現状語る 走りに「怖さ」も「自重しながらやれれば」

日本ハム・大谷翔平【写真:田口有史】

久しぶりの1軍に「いいものだなと思いました」

 2か月半ぶりに出場選手登録された日本ハムの大谷翔平投手は23日、本拠地での楽天戦でベンチ入りしたものの、出場機会はなかった。4月8日のオリックス戦で左太もも裏を痛めて離脱。今月20日に1軍練習に合流し、この日、1軍復帰を果たした。

 試合後、チームの勝利を喜んだ大谷は自身の現状を冷静に語った。主な一問一答は以下の通り。

――代打の準備をしていたのか。

「準備はしていましたが、そんなに出る展開ではなかったので」

――久しぶりに味わった1軍の試合の雰囲気は。

「出ていないのであれですけど、いいものだなと思いました。何より勝って良かったです」

――試合前にベースランニングをしたが感触は。

「あんなシューズ(アップシューズ)で、大した強度ではないので」

――スパイクを履いて走るのはいつ頃になるか。

「そんなに先にしてもと思っているので、ある程度できるのであればやっていきたい」

――外野で行ったダッシュは強めに見えたが。

「久々に人工芝を走ったので。強度は変わりないです」

右足首の影響も「なくはない」、左太もも裏と「どちらもケア」

――人工芝を走って張りは。

「張りはないです」

――走る怖さはあるか。

「1回走りで切ってきるので、怖さはありますけど、自重しながらやれればと思います」

――右足首の状態は。

「右足首も影響なくはないので、(左太もも裏と)どちらもケアしていきたい」

――早く生きた投手の球を見たいのではないか。

「バッティングピッチャーの球も速く見えているので。簡単に打てればいいですけど、簡単ではないと思うので、しっかり準備をして打てればいいと思います」

――今、代打で出場したら走ることはできるのか。

「代打で出るとしたら、得点するかしないかの場面で、内野安打どうこうじゃないと思うので。しっかりヒットを打って、余裕を持って一塁へ行くことができれば。そこを求められていると思うので、まずヒットをしっかり打つことが大事だと思っています」

石川加奈子●文 text by Kanako Ishikawa

関連記事(外部サイト)