躍進する若手才能集団アストロズ、「チームを引き締めた」存在とは

躍進する若手才能集団アストロズ、「チームを引き締めた」存在とは

アストロズのカルロス・ベルトラン【写真:Getty Images】

アストロズに足りなかったピース、「チームを引き締めた」存在とは

 混戦になるかと思われたア・リーグ西地区で、アストロズは2位以下に10ゲーム以上の差をつけて、首位を独走している。22日(日本時間23日)には今季50勝にメジャー30球団で一番乗り。2011年から3季にわたりシーズン100敗以上を記録したチームは、見事立て直しに成功した。

 弱さを極めたからこそできた再建とも言える。MLBドラフトは完全ウェーバー制のため、前年の成績が悪かった順に指名できる。アストロズは2012年から3年連続でドラフト全体1位指名権を獲得。2012年ドラフト1巡目(全体1位)指名で入団したのが、今ではチームの中核を担う遊撃コレアだった。

 同年の1巡目補足指名(同41位)が右腕マッカラーズ、2014年の1巡目補足(同37位)が外野手フィッシャー、さらに2011年1巡目(同11位)が中堅スプリンガー、2015年1巡目(同2位)が三塁ブレグマンであることを考えると、ドラフトと育成の持つ重要性、完全ウェーバー制のドラフトが球界にもたらす戦力の均一化が見えるだろう。

 前年に球団新記録となる225安打を放ったアルトゥーベに加え、野手ではスプリンガーやコレア、投手ではカイケルやマキュー、マッカラーズらが頭角を現した2015年。アストロズは86勝76敗の成績で2008年以来7年ぶりに勝ち越し、ワイルドカード2位としてプレーオフ進出を果たした。一発勝負のワイルドカードゲームではヤンキースに勝利したものの、地区シリーズでロイヤルズに惜敗。若手有望株がひしめくアストロズの時代が到来したことを知らしめた。

 だが、2016年にちょっとしたつまずきが訪れる。84勝76敗と2年連続で勝ち越したものの、地区3位でプレーオフ進出を逃した。連勝もするが連敗もする。大勝もすれば大敗もする。いかに連敗を減らすか。いかに個々の選手がスランプを減らせるのか。若手才能集団に足りなかったもの――。それは彼らが目指すべきベテランの存在だった。

中南米系選手を束ねる大先輩ベルトランの存在

 昨オフ、チームは早速補強に乗り出す。まずはウエーバーに掛けられていた青木宣親をマリナーズから獲得すると、ヤンキースから捕手マキャンをトレードで補強。さらにベルトランとFA契約が結び、実績もプレーオフ出場経験もあるベテランを加えた。中南米出身の若手野手が多いアストロズでは、中でもプエルトリコ出身ベルトランの加入が効いたようだ。2015年から現職に就くゲイリー・ペティス三塁コーチは「ベルトランの存在がチームを引き締めた」と話す。

「見ての通り、チームの核をなすのは才能ある若手選手。でも、チームが若すぎた。野手の場合、一番経験のあるのがアルトゥーベ。活躍しているとは言え、今季7年目の27歳だし、生え抜きだからプレーオフ経験はない。スプリンガーやコレアに限らず、アルトゥーベもまた手本にするべき“先輩”の存在が必要だったのだろう」

 2015年新人王に輝いたコレアは、1999年新人王の大先輩ベルトランについて「プロとしての在り方を、言葉でも態度でも示してくれる大事な存在」と敬意を隠さない。子供の頃、アストロズやメッツで活躍するベルトランは、文字通り「憧れの人」だった。郷土が生んだ大ヒーローと「一緒のチームでプレーできるとは思わなかった」と話す目は、少年のような輝きを持つ。

「アストロズと契約を結んだって聞いた時は、飛び上がって大喜びしたくらい。だって、あのベルトランだよ。ロイヤルズやメッツで活躍する様子を、いつもテレビで見ていたんだ。

 正直なところ、去年までの僕たちは勢いだけの部分が多かった。でも、勢いだけでは長いキャリアは送れないこと、安定した成績を残せないこと、日々の準備と努力が大切なことを教えてくれている。彼がどんな姿で試合に臨んでいるか、それを見るだけでも勉強になるんだ。

 プラス、迷ったことがあれば、いつでも話を聞いてアドバイスをくれる。カルロス(ベルトラン)、ブライアン(マキャン)、ノリ(青木)という経験のあるベテランが加わったことで、今年は自分たちにも厚みが生まれた気がするんだ」

青木の見方は…「すごくかみ合っている感じがする」

 2014年にロイヤルズの一員としてワールドシリーズで戦った青木は、当時シーズン途中にトレードで加入してすぐにチームの雰囲気を変えたラウル・イバネスと、今のベルトランの姿が重なることがあるという。

「ラテン系の若い選手が多いチームには、彼らをまとめるリーダー的な存在がいると強いよね。それは誰でもなれるわけじゃなくて、やっぱり実績や経験、人格が伴わなければならないもの。ロイヤルズもアストロズも、そういう補強が上手い。

 ベルトランは、試合中でも気が付いたことがあれば、すぐにアドバイスをするタイプ。丁寧に教えるベルトランに対して、中南米に限らず若手選手はみんな真剣に耳を傾けるし、すごくかみ合っている感じがする」

 今季アストロズはここまで最長11連勝を飾る一方、3連敗で踏みとどまる強さを身につけた。ベテランの補強に加え、若手選手個々が経験を糧として着実に成長している。勢いばかりだった若手集団から、軸を持った厚みのある集団に昇華した今季。悲願のワールドシリーズ初制覇も夢ではないかもしれない。

佐藤直子●文 text by Naoko Sato

関連記事(外部サイト)