イチローのマリナーズ「51」、永久欠番は「確実」 MLB公式サイトが特集

イチローのマリナーズ「51」、永久欠番は「確実」 MLB公式サイトが特集

マリナーズ時代のイチロー【写真:Getty Images】

MLB公式サイトが将来永久欠番となるべき10球団の現役選手&背番号を特集

 MLB公式サイトが将来、永久欠番となるべきメジャー現役選手を特集し、10球団の背番号を選出。イチロー外野手がマリナーズ時代に背負った「51」も選ばれている。

 今回の特集の筆頭に挙げられているのはタイガースでプレーするミゲル・カブレラ。2012年に3冠王にも輝いたスラッガーは同球団で背負う「24」が将来、永久欠番となると予想されている。

 日本が誇る安打製造機はその次に挙げられており、寸評では「イチローは確実である。シアトルが近いうち(彼が望み通り50歳まで現役続行しないかぎり)に彼に敬意を表するのは当然であるように思える」とレポートされている。

 3番目以降に挙げられている選手と背番号、球団は以下の通り。

〇バスター・ポージーの「28」とマディソン・バムガーナーの「40」(ともにジャイアンツ)

〇ダスティン・ペドロイアの「15」(レッドソックス)

〇ヤディアー・モリーナの「4」とアルバート・プホルスの「5」(ともにカージナルス)

〇マイク・トラウトの「27」(エンゼルス)

〇エイドリアン・ベルトレの「29」(レンジャーズ)

〇クレイトン・カーショーの「22」(ドジャース)

〇エバン・ロンゴリアの「3」(レイズ)

〇クリス・ブライアントの「17」(カブス)

関連記事(外部サイト)