“エースの風格”漂うソフトB東浜、前回完封劇とは異なる感覚で「自信に」

“エースの風格”漂うソフトB東浜、前回完封劇とは異なる感覚で「自信に」

ソフトバンク・東浜巨【写真:荒川祐史】

女房役に感謝、「話し合いながら積み重ねていっての完封」

 23日、ソフトバンクの東浜巨が、今季初の完封勝利を挙げた。被安打7で毎回のように走者を出しながらも、粘り強く123球を投げて西武打線をシャットアウト。東浜の完封勝利は、2013年10月5日の日本ハム戦以来、4年ぶり2度目となる。

 苦しい立ち上がりだった。初回、先頭の秋山翔吾に際どいコースを見極められ、いきなり四球を与えた。それでも東浜は「そういう(際どい)ところに投げた“攻めていった四球”なので」と、まったく気持ち的に慌てることはなかったという。

「あれで(今日の)自分のストライクゾーンがわかった。むしろ早い段階でそれがわかったのはよかったと思う。四球を出すことはよくないけど内容は悪くなかった」

 後の打者2人をピッチャーゴロと併殺打に打ち取って難なく初回を投げ終えると、すぐに味方が1点を先制してくれた。2回も「(リードは)ないものと思って投げた」と、再び先頭を出しながらも併殺打で切り抜けた。

「自分の状態があまりよくない中で、変化球を散らしていけた。(甲斐)拓也のリードに感謝ですね」

巨人戦での黒星が刺激、「同じ失敗はできないなと思っていた」

 順調に白星を積み重ねてきたが、6月13日の巨人戦で7回途中5失点。久々の黒星を喫した。「ずるずるいきたくなかった。同じ失敗はできないなと思っていた」ところでの、交流戦明けを含む中9日の登板。東浜は「気持ちもリセットして自分を見つめ直せた。いいタイミングで間が空いた」と振り返る。

 東浜にとっては2度目の完封勝利だが、前回とはまったく違った感覚があるという。

「前回は『いけいけどんどん』でいってたまたま完封できたが、今回は拓也と話し合いながら(ゼロを)積み重ねていっての完封。ボクの中では全然違いますね。実際に今日は腕が振れていなかった。その中で抑えられたのは自信になりました」

 これで7勝目。今シーズン、先発の柱に成長した右腕の言葉の端々に“エースの風格”が漂い始めている。

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

関連記事(外部サイト)