「100年で2度目」の歴史的快投劇! ダルビッシュvs田中は史上に残る名勝負

「100年で2度目」の歴史的快投劇! ダルビッシュvs田中は史上に残る名勝負

レンジャーズ・ダルビッシュ有とヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

両先発が3安打以下9奪三振以上無失点は1968年8月26日以来2度目

 メジャー移籍後初、通算では6年ぶり5度目となったダルビッシュ有投手と田中将大投手の直接対決。23日(日本時間24日)にニューヨークで行われたレンジャーズ-ヤンキースで、日本を代表する2投手が圧巻の投手戦を披露した。ダルビッシュは7回2安打10K無失点、田中は8回3安打2四球9K無失点と互いに一歩も譲らず。かつてESPNで記録調査員を務め、現在は「RiverAveBlues」に寄稿するケイティ・シャープ記者によれば、過去100年で両軍先発が、3安打以下、9奪三振以上、無失点の投げ合いを演じたのは、1968年8月26日セネターズ-ツインズ戦以来2度目の出来事だという。

 両者ともに立ち上がりから相手打線を寄せ付けなかった。ダルビッシュは初回先頭ガードナーに中前打を許した後は、5回1死からサンチェスに中前打されるまで、打者13人を連続凡退とした。サンチェスを一塁に置いた直後には、続くグレゴリウスを危なげなく二ゴロ併殺。6回3つ目のアウトから4連続三振に仕留め、今季3度目の10奪三振を記録した。速球とスライダーを軸としながら、最遅64マイル(約103キロ)のスローカーブで幻惑。敵地ファンからも大きな歓声が上がった。

 一方の田中は、スライダーとスプリットを生かした投球でレンジャーズ打線を攻めた。今季のスランプを微塵も感じさせない投球内容を見せると、味方守備も要所で好守を見せて援護した。7回まで2安打無失点に抑えるも、8回2死から安打と四球で失点の危機。だが、最後はギャロを二ゴロに打ち取り、無失点でマウンドを譲った。

 日本での最後の対戦となった2011年7月20日の投げ合いでは、互いに完投する名勝負を繰り広げた(3-1で日本ハムの勝利)。日本球界を代表する2人が、メジャーでもファンの心を掴む快投劇を演じた。

 試合は両先発が降板した9回に両軍が1点ずつを加えて延長戦に突入。延長10回、ヤンキース・トレイエスが2死一、三塁からセンターへタイムリーを放ち、2-1とサヨナラ勝ちを収めた。

関連記事(外部サイト)