ホークス柳田、4打席連続本塁打の偉業ならず

前日3打席連発をマークしていた柳田

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手は、4打席連続本塁打の偉業達成はならなかった。24日の西武戦(ヤフオクD)。初回の第1打席で、西武先発・十亀の前に空振り三振に倒れ、前日から続いていた連続打席本塁打が途切れた。

 23日の同戦では、2回の第2打席に16号3ランを放つと、4回の第3打席で17号2ラン、そして6回の第3打席での18号ソロを放っていた。四死球などを挟まない4打席連発は1964年の王貞治(現ソフトバンク球団会長)など、プロ野球史上13例しかない。1997年6月21日の近鉄戦で日本ハムのウィルソンが達成して以来、達成されていない快挙は無くなり、球場全体からため息が漏れた。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

関連記事(外部サイト)