初実戦の西武新助っ人、実力は? 直球の球速は「見た目より遥かに出た」

初実戦の西武新助っ人、実力は? 直球の球速は「見た目より遥かに出た」

西武に加わったスティーブン・ファイフ【写真:上岡真里江】

西武に加わったファイフ、首脳陣も上々評価

 6月20日に入団会見を行った西武の新外国人投手スティーブン・ファイフ投手(30)が24日、イースタン・リーグ巨人戦で初先発した。

「ボール、マウンド、キャッチャーも相手打者も、すべてが初めてで、とても新鮮だった」と振り返った日本初登板の結果は、最高球速149キロ、常時145〜6kmを記録した直球に、チェンジアップ、カーブ、ツーシームを織り交ぜながら5イニングス、打者20人5安打2失点、1三振1四球、77球の内容。初回、4回それぞれに1失点ずつを許し、敗戦投手となったが、「まだ、時差ボケも完全に抜けきれてない中で、真っすぐのスピードは見た目よりも遥かにに出ていた」(潮崎哲也2軍監督)「球持ちもいいし、コントロールも悪くない」(清川栄治2軍投手コーチ)「コントロールが原因で崩れることはなさそうな印象」(西口文也2軍投手コーチ)。いずれも「まだ1回目なので、あくまで今日に限っては」と限定はしたが、2軍首脳陣は揃って内容を評価した。

 アメリカ人右腕は入団会見で「自分は打たせて取るタイプだと思っている」と、自らのスタイルを表現したが、この日の投球も、まさに言葉通り。15個のアウトのうち、7個を内野ゴロを打たせて取り、リズム良く投げ進めていった。

潮崎2軍監督「ピンチになった時にどうなるかも見たい」

「完全に慣れるまでにはもう少し時間がかかるかもしれないが、今日の内容は決して悪くないと思っている。(アウト数の)約半分がゴロでのアウトだったのも、自分のスタイルにピッタリだった。僕個人としては、理想通りのピッチングができたと思っている」と、笑顔を見せた。

「今日ある程度、抑えたことは評価できるが、打たれた時、ピンチになった時にどうなるかも見たい部分。その意味で、次の登板でどんなピッチングを見せるか、大きな注目だと思います」と、潮崎哲也・2軍監督。今後は、100球を目処に、来週中にもう1度2軍戦での登板機会を設ける予定。内容次第では、その後すぐに1軍マウンドの可能性も十分考えられそうだ。

「明日からまた、しっかりと調整して、1日も早く一軍の戦力になりたい」。背番号『69』も、“助っ人”となるべく、次回登板への意欲に燃えていた。

上岡真里江●文 text by Marie Kamioka

関連記事(外部サイト)