広島菊池が2戦2発5安打6打点、中日岩瀬が唯一セーブ…17年第13週投打5傑【セ編】

広島菊池が2戦2発5安打6打点、中日岩瀬が唯一セーブ…17年第13週投打5傑【セ編】

広島・菊池涼介【写真:荒川祐史】

首位広島が阪神に連勝で5差に、DeNA今永は唯一の完封

 セの交流戦後の最初の週は阪神-広島戦が1試合雨で流れ、合計8試合だった。

【セ・リーグNPB第13週(6/23-6/25)】

広島(2試合2勝0敗0分、勝率1.000)
DeNA(3試合2勝1敗0分、勝率.667)
中日(3試合2勝1敗0分、勝率.667)
巨人(3試合1勝2敗0分、勝率.333)
ヤクルト(3試合1勝2敗0分、勝率.333)
阪神(2試合0勝2敗0分、勝率000)

 首位広島が2位阪神に連勝し、5ゲーム差がついている。

【打者5傑】

○安打
1大島洋平(中) 8
2桑原将志(De) 7
3大引啓次(ヤ) 6
4菊池涼介(広) 5
4筒香嘉智(De) 5
4長野久義(巨) 5
4ゲレーロ(中) 5

○本塁打
1菊池涼介(広) 2
1筒香嘉智(De) 2
1本塁打 10人

○打点
1菊池涼介(広) 6
1筒香嘉智(De) 6
3丸佳浩(広) 3
3ロペス(De) 3
3戸柱恭孝(De) 3
3谷哲也(中) 3
3鈴木誠也(広) 3
3上田剛史(ヤ) 3
3松山竜平(広) 3

○盗塁
1桑原将志(De) 2
1梶谷隆幸(De) 2
1大島洋平(中) 2
4上田剛史(ヤ) 1
4坂本勇人(巨) 1
4山田哲人(ヤ) 1
4野間峻祥(広) 1

○打率(規定打席以上)
1大島洋平(中) .615
2桑原将志(De) .583
3菊池涼介(広) .556
4大引啓次(ヤ) .500
5ゲレーロ(中) .455
5長野久義(巨) .455

○RC(Run Create)打者の総合指標 安打、長打、四死球、盗塁、犠打、犠飛を加味
1桑原将志(De) 4.75
2大島洋平(中) 4.73
3筒香嘉智(De) 4.06
4ゲレーロ(中) 4.02
5菊池涼介(広) 3.90

 2試合ながら広島の菊池は6安打2本塁打6打点の活躍。DeNAの桑原は3試合で7安打を放った。

投手は…

【投手5傑】

○勝利
1大瀬良大地(広) 1
1ジョンソン(広) 1
1今永昇太(De) 1
1小笠原慎之介(中) 1
1バルデス(中) 1
1石田健大(De) 1
1石山泰稚(ヤ) 1
1マシソン(巨) 1

○セーブ
1岩瀬仁紀(中) 1

○ホールド
1岩瀬仁紀(中) 1
1近藤一樹(ヤ) 1
1三上朋也(De) 1
1ルーキ(ヤ) 1
1田島慎二(中) 1
1又吉克樹(中) 1

○奪三振
1マイコラス(巨) 8
2小笠原慎之介(中) 7
2石田健大(De) 7
4今永昇太(De) 6
4バルデス(中) 6
4岩貞祐太(神) 6
4柳裕也(中) 6
4ブキャナン(ヤ) 6

○防御率(規定投球回数以上)
1今永昇太(De) 0.00
1バルデス(中) 0.00
1大瀬良大地(広) 0.00
1石田健大(De) 0.00
1山本翔也(神) 0.00
1岩崎優(神) 0.00
1九里亜蓮(広) 0.00

○PR(Pitching Run)投手の総合指標:(リーグ平均防御率-投手の防御率)×投球回で算出
1今永昇太(De) 36.33
2バルデス(中) 32.30
3大瀬良大地(広) 28.26
4石田健大(De) 24.22
5菅野智之(巨) 23.30

 リーグ防御率は4.04。先発はDeNAの今永昇太が唯一の完封。中日のバルデスが8回零封。救援では史上最多セーブ記録保持者の中日・岩瀬仁紀が唯一のセーブを挙げた。

広尾晃●文 text by Koh Hiroo

関連記事(外部サイト)