広島3連勝で阪神と6差 新井決勝打、通算3501塁打で「神様」川上哲治超え

新井は史上28人目の3500塁打、野村は粘投で4勝目

 セ・リーグ首位の広島は27日、敵地でDeNAに4-3で逆転勝ちした。1点を追う7回に代打・新井が逆転タイムリー。先発・野村は6回6安打3失点の粘投で4勝目(2敗)を挙げた。2位阪神が敗れたため、ゲーム差は「6」に広がった。

 まずは初回、DeNAロペスが野村から先制弾。先制に成功するも、広島は2回にDeNA先発・濱口から田中が押し出し四球を選んで同点。さらに、3回は安部が勝ち越しタイムリーを放った。

 しかし、DeNAはその裏にロペスがセカンドへタイムリー内野安打。同点に追いつくと、6回には筒香のソロ本塁打で勝ち越した。

 3連勝中のルーキー濱口は6回7安打7四球ながら2失点の粘投で降板。7回はパットンがマウンドに上がったが、広島は2死二、三塁のチャンスを作る。ここで代打・新井が逆転タイムリーツーベース。広島が試合をひっくり返した。新井はこれで3501塁打として、史上28人目の3500塁打を達成。「打撃の神様」川上哲治氏(3500塁打)を超え、歴代27位に浮上した。

 広島は7回を中田、8回を中崎、9回は今村とつないで1点のリードを死守。3連勝を飾り、貯金19とした。

関連記事(外部サイト)