韓国人スラッガー黄載鈞がジャイアンツでメジャー昇格へ

韓国人スラッガー黄載鈞がジャイアンツでメジャー昇格へ

2016年オフにジャイアンツとマイナー契約を結んだ黄載鈞【写真:Getty Images】

今季ジャイアンツとマイナー契約、3Aで打率.287、7本塁打、44打点

 ジャイアンツが韓国人内野手の黄載鈞(ファン・ジェギュン)を3Aから昇格させると米記者が伝えている。地元紙「サンノゼ・マーキュリーニュース」のアンドリュー・バガーリー記者が自身のツイッターで速報した。

 同選手は7月1日までに昇格できなければ、オプトアウト(契約破棄)できる契約が盛り込まれており、米最大の移籍情報サイト「トレード・ルーモア」によれば、同選手はこれを行使する見込みだったという。

 黄は2015年オフにポスティングシステム(入札制度)を利用してメジャー移籍を目指したが、入札がなく米国への移籍は実現しなかった。そして2016年オフにジャイアンツとマイナー契約、メジャーキャンプへの招待で合意した。

 昨季はロッテ・ジャイアンツでプレーし、打率.335、27本塁打、113打点の好成績を収め、今季は3Aで68試合に出場。打率.287、7本塁打、44打点をマークしている。

関連記事(外部サイト)