日ハム大谷が同点打 復帰2打席目で初ヒット「いいところに落ちてくれた」

5回に代打で登場し敵地がどよめく

 日本ハムの大谷翔平投手が28日のソフトバンク戦(ヤフオクD)で復帰後初安打となるタイムリーを放った。

 3-4と1点を追う5回2死一、二塁で代打で登場。敵地がどよめく中で打席に立つと、フルカウントからソフトバンク先発の武田の8球目を捉えた。詰まりながらも左翼線へと落ちる安打。二塁走者のレアードが本塁へと生還し、同点の適時打となった。

 左太もも裏肉離れから復帰したばかりの大谷は代走を送られて交代も、栗山監督の采配がピタリ。大谷は27日のソフトバンク戦で復帰後初めて打席に立ち、空振り三振に倒れており、これが復帰2打席目だった。

 ベンチに戻った大谷は「(球種は)スライダーかカットだと思います。詰まりましたけど、いいところに落ちてくれましたし、点につながってくれたのでよかったです」とコメントした。

関連記事(外部サイト)