日ハム近藤のヘルニア手術が無事終了 「ゲーム復帰まで3か月の見込み」

日ハム近藤のヘルニア手術が無事終了 「ゲーム復帰まで3か月の見込み」

日本ハム・近藤健介【写真:田口有史】

打率4割マークも離脱し手術を決断

 日本ハムは28日、近藤健介捕手が同日に徳島県内の病院で脊椎内視鏡手術(腰椎椎間板ヘルニア摘出術PED法)を受け、無事終了したと発表した。10日間ほど入院し、患部の状態を見ながら練習を再開する予定。「ゲーム復帰まで3か月を要する見込み」としている。

 近藤は開幕から50試合出場でリーグトップの打率.407をマーク。出塁率も.567と驚異的な数字を残していたが、今月4日に右大腿裏の張りを訴えて阪神戦を欠場し、同11日には出場選手登録を抹消。さらに、日本ハムは22日には腰部椎間板ヘルニアとの診断結果を発表。26日には手術を受けることを発表し、今季中の復帰が難しい状況となっていた。

関連記事(外部サイト)