田中将大、強風に苦しむも試合を制御し6勝目「少しは安定してきたのかな」

田中将大、強風に苦しむも試合を制御し6勝目「少しは安定してきたのかな」

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

51日ぶり白星で「最悪の状況」から「進歩」、強風に「何とか風を読んで…」

 ヤンキース田中将大投手が28日(日本時間29日)、敵地ホワイトソックス戦で今季6勝目(7敗)を挙げた。雨と風が吹き荒れる悪天候の中で、6回6安打2四球5奪三振2失点(自責2)と粘投。味方打線の大量援護も受け、5月8日(同9日)レッズ戦以来の9試合51日ぶり勝利を飾り、「なんとか粘って6イニングまで形にできてよかったです」と話した。

 投球の軸になるスライダーとスプリットは共に「ボールの動き自体は全部よかった」と振り返るこの日。序盤の敵は風だった。悪天候のシカゴはユニフォームがたなびくほどの強風で「なんとか風を読んでコントロールしたいなって思ったんですけど、終始あまりそれが上手くいかなかった」と話す。2回に2死満塁のピンチを乗り越えたあたりから、制球が落ち着いたように見えたが、それでも「ボールの動きを制御できていなかったですね」。スライダーが曲がる位置を変えるなど、試行錯誤を繰り返した。

 最大のピンチだった5回は、無死満塁から2失点。1点差まで追い上げられたが、同点にはさせなかった。この粘投が味方打線に伝わったのか、6回にジャッジの27号2ランなどで5点を追加。マウンド上の田中に大きなクッションを与えた。

「今日は良くなかった」も「何とか形にすることができている」

 この日の最速は97マイル(約156キロ)を計時。要所を力強い速球で攻められたからこそ、苦戦した変化球が生きた。

 試合後、この日の登板について「今日は良くなかったですよ。いろいろ苦しみながら投げていたけど、何とか形にすることができている。そういう部分は進歩かなって思います」と話した右腕。前回23日(同24日)レンジャーズ戦に続き、2戦連続クオリティスタート(QS、6回以上自責3以下)をマークし、「最悪の状況だった時は続かなかったですから、まあまあ少しは安定してきたのかなとは思います」。

 長いトンネルの出口は見えてきたが、まだ完全復調とは言い切れない。「まだ2試合だけですから。続けていくだけですね」。

 次回登板予定は7月3日(同4日)ブルージェイズ戦。1つ1つ勝利を積み重ね、いい形で前半戦を締めくくりたい。

関連記事(外部サイト)