「毎回ラストチャンスだと思って…」ソフトB松本が見せる確かなる成長

「毎回ラストチャンスだと思って…」ソフトB松本が見せる確かなる成長

ソフトバンク・松本裕樹【写真:藤浦一都】

6回途中まで無失点で2勝目マーク、本拠地初のお立ち台

 中4日でのマウンドで、申し分ない好投を見せた。ソフトバンクの3年目、松本裕樹投手。29日の日本ハム戦(ヤフオクD)で先発すると、6回途中まで無失点に抑えるピッチングで2勝目をマーク。本拠地で初のお立ち台に上がると、試合後も「全体的にコースに投げられたし、ストライクもどんどん取れた。緩急も使えたし、思っている投球スタイルが出せた」と納得の表情を浮かべた。

 左背部の張りで離脱中の千賀滉大投手を万全な状態で起用するために、ローテが空いたこの日。5回途中3失点、86球で降板した6月24日の西武戦(ヤフオクD)から、松本が中4日でスクランブル先発することになった。

「特別疲れが残っているとかはなかった」と上がったマウンド。序盤から日本ハム打線を手玉に取った。初回を3者凡退に斬ると、波に乗った。内外角、そして低めにボールを集めた。

 5回、先頭の石井一に二塁打を浴びたが、女房役の甲斐がバントを素早く処理して、三塁で刺す好プレー。6回2死満塁のピンチで降板したが、2番手の嘉弥真が代打・矢野を空振り三振に取る好リリーフ。味方にも助けられた。

登板間は厳しいウエートトレーニングで体作り

「前回は浮いたボール、中に入ったボールを打たれた。そういうところを大事にして投げました」。5回途中3失点で降板となった前回登板。西武打線は失投を見逃してはくれず、2本の本塁打を浴びた。1球の重みを痛感させられた。その反省を生かして、この日の好投に繋げた。

 飛躍を遂げる先輩投手たちと同じ道を歩んでいる。東浜や千賀と同様に、この松本も現在、登板間には厳しいウエートトレーニングに励んでいる。中6日ならば、登板翌日に全身、休日を挟み、上半身、下半身の順に鍛える。中4日となった今回も「1日で上半身、下半身両方やりました」。体の張りを感じながら、マウンドに立つ日々を送っている。

「毎回ラストチャンスだと思って投げています」という21歳。本拠地ヤフオクドームでの初白星を掴み「ある程度抑えられて、自信にも繋がりました」。昨季の日本一の日本ハム相手に見せた好投に、一歩一歩成長している、その跡が確実に見えていた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)