阪神泥沼8連敗…先発青柳、5回に突如乱れる ヤクルトは小川がプロ初救援

交流戦明け未勝利続く阪神

 阪神が泥沼の8連敗を喫した。本拠地・甲子園で戦った30日のヤクルト戦。先制点を奪いながらも、先発・青柳の突如の乱調で逆転負け。リーグ戦再開後、いまだに勝利を掴めておらず、暗いトンネルから抜け出せずに苦しみ喘いでいる。

 突然、乱れた。4回まで無安打投球を続けていた右腕が、5回に崩れた。この回先頭のバレンティンの三塁線へのゴロを、鳥谷が掴んだもののワンステップ多く、かつ悪送球に(記録は内野安打)。この試合初安打を許すと、グリーンには右翼線へ二塁打。無死二、三塁となると、大引、藤井に連続死球を与えて押し出しで同点に。何とか2死は奪ったものの、坂口の打球は一塁・中谷を弾く右前への2点適時打となり、勝ち越しを許した。

 さらに上田には、プロ野球タイ記録となる1イニング3つ目の死球を与え、山田へは押し出しの四球。味方の守備の乱れに、青柳の自滅が重なり、打者一巡の攻撃で一挙4点のビッグイニングを許した。青柳は5回4失点で3敗目を喫した。

 打線は2回に先制点を掴んだが、無死満塁のチャンスから併殺打の間に挙げた1点のみ。5回1死二塁で、福留が47イニングぶりの適時打となる右前適時打を放ち、7回にも無死一、二塁のビッグチャンスを掴んだが、糸井が放った三ゴロ失策で1点を返しただけ。福留、代打・伊藤隼、高山が相次いで凡退した。拙攻を重ね、ビハインドを跳ね返すには至らなかった。

 ヤクルトは先発のブキャナンが、先制点こそ与えたが、粘りの投球で5回まで2失点。打線が相手の自滅で4得点を挙げると、6回以降は石山、ルーキとつなぎ、8回には右腹斜筋肉離れからこの日1軍に復帰した小川がプロ初となる中継ぎのマウンドへ。難なく三者凡退に切って取ると、最後は秋吉が負傷降板したものの、近藤が締めた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)