西武・秋山の本塁打量産は「突然変異」か「長打力定着の兆候」か

西武・秋山の本塁打量産は「突然変異」か「長打力定着の兆候」か

西武・秋山翔吾【写真:編集部】

秋山が自己最多15本塁打マーク、中距離打者のパワー開眼を考察

 6月28日の千葉ロッテ戦で、埼玉西武の秋山翔吾外野手が自己最多のシーズン15本塁打に到達した。

 この時点での秋山の本塁打率は17.6で、キャリア通算とほぼ同じだった昨季の61.0と比較すると、本塁打を1本打つために要する打数が3分の1以下と、はるかに少なくなっている。リーグ6位の15本塁打に加えて、同2位の31長打、同3位の長打率.564と、パワーナンバーの充実が目覚ましい。

「そういうタイプのバッターではない」と本人は語っているが、初の30本塁打到達も可能な今季の秋山のように、中距離打者が本塁打を量産するのはしばしば見られるケースだ。打線での役割に左右されることも多いが、大別すると、パワー増加が一過性のものでしかない「突然変異型」と、中軸を任せられるような打者へと化ける「長打力定着型」に分けることができる。

「突然変異型」の代表格として、古屋英夫氏(阪神ファーム野手チーフ兼育成コーチ)や、野村謙二郎氏(広島前監督)の現役時代が挙げられる。主に日本ハムで活躍した古屋氏は、1軍デビューからの7年間で規定打席を5度クリアし、そのうち4シーズンで打率.290以上を残したように堅実な打撃が持ち味の打者だった。その間はいずれも2桁本塁打を記録していたが、シーズン最多は19本塁打とあって、1985年の33本塁打は驚きの上積みだ。ただ、翌年は21本塁打を放ったが、それ以降の6年間は計39本塁打にとどまっている。

 走攻守揃った選手として広島のリードオフを長らく務めた野村氏も、デビュー2年目からの5年間は毎年2桁本塁打を記録していたが、2度の最多安打を獲得するなど、元来は長打よりもアベレージの安定感が売りの打者だった。その間のシーズン最多は16本塁打で、1994年は10本塁打と数字を落としたが、その翌年にはリーグ2位の32本塁打を放っている。長打率.560も同2位で3度目の最多安打に輝き、トリプルスリーも達成するなど、キャリアベストイヤーになった。ただし、それ以降は故障に悩まされて長打は減り、シーズン14本塁打が最多となっている。

 捕手としては歴代でも指折りの強打者として鳴らした城島健司氏の福岡ダイエー時代と、現在も阪神で主軸を張る福留選手の中日時代には、はっきりと「長打力定着型」としての打撃成績が残っている。

 当時から広い福岡ドームで大きなアーチを描いた城島を中距離打者とするにはやや抵抗もあるが、正捕手に定着した1997年からの3年間は15〜17本塁打で打率3割超えが2回、故障の影響で84試合の出場にとどまった2000年も打率.310と、そのスタッツはアベレージヒッターのものに近い。そして、2001年からマリナーズへ移籍するまでの5年間は平均30本塁打を打ち、所属チームの枠を越えて日本代表でも4番を務めるなど長打力が開花した。

 福留はプロ入り1年目から4年目までの本塁打が10本台だったが、首位打者獲得の翌2003年にはキャリアハイの34本塁打を放っている。以降も強烈な打球を飛ばすことで二塁打を量産しながら、本塁打もコンスタントに記録するスラッガーへと進化した。2006年の第1回「ワールド・ベースボール・クラシック」準決勝で放った代打先制2ランは語り草だ。

 打者のパワーを話題にする際には、これまで用いた指標が一般に使われることが多い。だが、これらのスタッツにはそれぞれ欠点がある。本塁打率や本塁打の総数だけでは、同じ長打である二塁打や三塁打の数が含まれない。かと言って、単純に長打の数をカウントするだけでは二塁打、三塁打、本塁打が同価値となり、打数の多い打者が有利となる点で公平性を欠く。

 実際、NPBのシーズン記録である88長打を放ったのは2002年の松井稼選手(西武)だが、イコールで「歴代最高のパワーを誇った打者」と定義するには無理がある。長打率は二塁打と三塁打と本塁打の区別があり、打数の違いから生じる不平等もないが、単打でも数字が上乗せされるため、打者のパワーを正確に測り切れる指標とは言い難い。

歴代の長打力上位選手は…

 そこで、今季の秋山のパワー増加がどれほど大きいものであるかを検証するため、ISO(アイエスオー)と呼ばれるセイバーメトリクス指標を用いたい。ISOとは「Isolated power」の頭3文字を取ったもので、数値は「長打率−打率」の単純な計算で求められる。ISOは長打率と同じく二塁打、三塁打、本塁打の区分けがされ、かつ単打では数値が上昇しない点で、従来の長打力を示す指標の欠点を補う。そのため、純然たる打者のパワーを測るには、現状で最も有用な指標だと言える。

 では、そのISOのシーズン記録上位者はどのような顔触れとなっているだろうか。歴代と2000年以降に分けて、それぞれの上位20人を見てみよう。(※ランキングはいずれも2016年までの規定打席到達者が対象)

【ISOシーズン記録上位(歴代)】
1位 バレンティン(2013年・東京ヤクルト) .449
2位 王貞治(1974年・巨人) .429
3位 カブレラ(2002年・西武) .420
4位 王貞治(1966年・巨人) .404
5位 王貞治(1964年・巨人) .4004
6位 王貞治(1976年・巨人) .4000
7位 王貞治(1973年・巨人) .3995
8位 王貞治(1967年・巨人) .397
9位 王貞治(1968年・巨人) .3959
10位 落合博満(1985年・ロッテ) .3957
11位 バース(1986年・阪神) .389
12位 王貞治(1970年・巨人) .388
13位 マニエル(1979年・近鉄) .387
14位 落合博満(1986年・ロッテ) .386
15位 王貞治(1977年・巨人) .382
16位 カブレラ(2003年・西武) .381
17位 山本浩二(1980年・広島) .378
18位 マニエル(1977年・ヤクルト) .3743
19位 小鶴誠(1950年・松竹) .3740
20位 バース(1985年・阪神) .368

 シーズン最多記録の60本塁打を放ったバレンティンが1位となっていることや、通算本塁打記録保持者の王氏がランクイン最多であることは容易に想像できたが、それでも、単純に本塁打や長打の多い順に並んではいないのが興味深い。

 プロ野球の世界では、長らく“聖域”とされていたシーズン55本塁打を最初に記録したのは1964年の王氏だが、ISOは1974年(49本塁打)、1966年(48本塁打)よりも低かった。同じく55本塁打を放った2002年のカブレラは順当にトップ3入りしたが、37年の時を経て不可侵と思われた記録に並んだ2001年のローズ氏(大阪近鉄)は53位まで名前が出てこない。これは二塁打が19本、三塁打0本と、本塁打以外の長打をそれほど増やせなかったのが原因だ。

 40〜60本台の本塁打を放った打者がひしめく中で、13位のマニエル氏は唯一の30本台(37本塁打)でトップ20入りしている。この年は死球により97試合の出場にとどまったためで、フル出場していればどれだけ本数を伸ばしていたかは分からなかった。

【ISOシーズン記録上位(2000年以降)】
1位 バレンティン(2013年・東京ヤクルト) .449
2位 カブレラ(2002年・西武) .420
3位 カブレラ(2003年・西武) .381
4位 中村(2009年・埼玉西武) .366
5位 筒香(2016年・横浜DeNA) .3582
6位 松井秀喜(2002年・巨人) .3580
7位 松中信彦(2004年・福岡ダイエー) .357
8位 セギノール(2004年・日本ハム) .352
9位 ラロッカ(2004年・広島) .349
10位 松中信彦(2005年・ソフトバンク) .348
11位 村田(2008年・横浜) .342
12位 松井秀喜(2000年・巨人) .338
13位 ローズ(2001年・近鉄) .335
14位 ローズ(2003年・近鉄) .332
15位 中村(2011年・西武) .3314
16位 カブレラ(2001年・西武) .3307
17位 ズレータ(2005年・ソフトバンク) .3275
18位 ペタジーニ(2002年・ヤクルト) .3270
19位 小久保裕紀(2004年・巨人) .3268
20位 阿部(2010年・巨人) .3273

 20人のうち最多本塁打のタイトルを獲得したのは13人だけと、やはりこちらも本塁打のランキングとは異なっている。とはいえ、20人の平均本塁打は47.1本で、いずれも40本塁打以上を記録した強打者だ。先述した2002年の松井稼は64位(.285)で、二塁打のシーズン記録を作った2001年の谷佳知氏(オリックス)も376位(.177)でしかない。

秋山の長打力増加が“歴史的”

 こうした点を鑑みても、ISOが打者のパワーを測る物差しとしてバランスの取れた指標であることが分かる。ちなみに対象全1014打者の平均は.157で、同じ数値をマークしたのは2010年の小久保氏(福岡ソフトバンク)だった(二塁打22本、三塁打0本、本塁打15本)。

 注意しなければならないのは、ISOはあくまで打者の特性を図る指標であって、その優劣を測るものではないということだ。例えば、2000年以降の下位20人には赤星憲広氏(阪神)が3度登場しているが、そのうち2度は打率3割をクリアしている。この17年間で、2015年の中島卓(北海道日本ハム)が記録したISO.023は最も低い数値だったが、66四球を選び、出塁率.350はリーグ平均を上回っていた。

 チームの得点力における長打の影響は多大なものだが、もちろん野球はそれだけではない。ISOの低い打者は盗塁や犠打の多い選手が多く、走塁や守備も含めて磨き上げた技術で勝負した職人が多数見られるのも特徴だ。

 ISOの性質を説明したところで検証したいのが、今季の秋山の長打力増加だ。ISOは昨季が.126で今季は.234と、その差は.108で文字通り大幅なパワーアップを遂げている。前年比でこれ以上の上昇を果たした打者がどれだけいたのか抽出したい。ただし、テーマは「中距離打者のパワー開眼」なので、今年の秋山のように「前年まで15本塁打未到達の打者」を対象とした。

【ISO前年差上位10人】
1位 高橋慶彦(1983年・広島) .130
2位 真弓明信(1980年・阪神西武) .124
3位 中西太(1953年・西鉄) .122
4位 鈴木健(1996年・西武) .121
5位 武上四郎(1969年・アトムズ) .110
6位 浅村(2013年・埼玉西武) .106
7位 田宮謙次郎(1956年・阪神) .102
8位 王貞治(1962年・巨人) .1015
9位 メイ(1979年・南海) .101
9位 今岡誠(2002年・阪神) .101

 このように、今季の秋山の長打力増加は歴史的と言える。残りの試合でどれだけの本塁打を上積みするかはもちろん、ISOの伸びが最終的にどれほどになるのかも注目すべきポイントだ。そして、そのパワー開眼が「突然変異型」なのか「定着型」であるのか。答えは数年先を待たなければならないが、どちらにしても秋山選手のバットが、強打を誇る埼玉西武打線をリードしていくことに変わりはないだろう。(「パ・リーグ インサイト」藤原彬)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

関連記事(外部サイト)