青木宣親がヤンキース戦で仰天初登板! 9回に救援、1回を1安打3失点

青木宣親がヤンキース戦で仰天初登板! 9回に救援、1回を1安打3失点

アストロズ・青木宣親【写真:Getty Images】

3失点も今季27発ジャッジ打ち取る

 アストロズの青木宣親外野手が6月30日(日本時間7月1日)の本拠地ヤンキース戦で仰天の初登板を果たした。

 4-10と6点ビハインドで迎えた9回、それまで5投手をつぎ込んでいたアストロズはこの日ベンチスタートとなった青木をマウンドに送った。青木は先頭のトレイエス、ウェードと連続四球を与えるとカーターのタイムリー二塁打で失点。直後、ガードナーを何とか右飛に打ち取ったが、犠牲フライとなり、さらに1点を失った。

 その後、エルズベリーを遊ゴロに打ち取る間に三塁走者が生還したが、今季27発の若手強打者ジャッジを中飛に打ち取った。メジャー初登板は1回6打者に対して20球を投じ、1安打2四球3失点だった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)