元燕バーネット、今も抱く伊藤智仁コーチへの感謝「巡り会い、成長できた」

元燕バーネット、今も抱く伊藤智仁コーチへの感謝「巡り会い、成長できた」

レンジャーズのトニー・バーネット【写真:Getty Images】

ヤクルトで通算97セーブ、NPB経てドラフトから10年後にメジャー初登板

 2016年4月5日。レンジャースの救援右腕トニー・バーネットは、ドラフトされた年から10年経ち、ようやメジャーデビューを果たした。ダイヤモンドバックスに10巡目で指名されたのが2006年のこと。なかなかメジャー昇格のチャンスに恵まれなかった右腕は、2010年に海を渡り、ヤクルト・スワローズで花開いたことは、誰もが知るところだろう。

 入団当初は先発として起用されるも、2011年から中継ぎへ転向。翌2012年からクローザーを任され、同年に33セーブ、2015年には41セーブでセーブ王に輝き、NPB在籍6年で通算97セーブを挙げた。ヤクルトが14年ぶりリーグ優勝を果たした2015年オフに、ヤクルトへの恩返しのためにポスティング制度を利用してのメジャー移籍を希望。結局、ポスティングでは移籍先が決まらなかったものの、フリーエージェントでレンジャーズと2年契約を結び、晴れて2016年にメジャーデビューを果たした。

 昨季は53試合に投げて、中継ぎながら7勝3敗、防御率2.39と大車輪の活躍をした。今季はやや不安定な登板が続き、23試合に投げて1勝1敗、防御率7.23の成績で故障者リスト入り。「これから後半戦に向けてチームの力になれるように調整していきたい」と話す。

 NPBを経て、目標だったメジャーの舞台に立ったバーネットだが、誰よりも大きな感謝を捧げたいのが、ヤクルトで1軍投手コーチを務める伊藤智仁コーチだ。「イトウさんは、自分がヤクルトにいた6年間、一度も愛想をつかすことなく、自分がよりよい投手に成長できるよう力を貸してくれた」と振り返る。

右腕を開眼させた伊藤コーチ、片言の日本語と英語で交わした野球談義

 ダイヤモンドバックス傘下マイナーでは、なかなかメジャー昇格のチャンスに恵まれず。何か変わるきっかけになれば、と飛び込んだNPBでは、言葉や食生活、いろいろな違いに戸惑うこともあった。家族から離れて暮らすことで、今までにはない角度から人生を見つめる機会にも恵まれた。だが、ピッチャーとして自分が為すべきことは1つ。どうやったら打者を封じ込めるか、どうやったら投手として成長できるのか。異国の地で試行錯誤するバーネットに、とことん付き合ってくれたのが伊藤コーチだった。

「よりクオリティの高い投手になるために、自分の中に眠っていた資質を引き出す手伝いをしてくれた。ここに投げろ、あそこに投げろって指示するだけじゃなくて、1球1球投げるたびに、こうしたらもっとよくなる、ああすればどうだって、検討してくれたんだ。

 精神的な面においても、先のことや後のことを考えずに、今この手に握っている1球に集中すること、そこにベストを尽くすことを教えてくれたよ。

 僕がどんな疑問を持っても、それが解決するまで何時間でも話に付き合ってくれて……。今まで、そんな風に付き合ってくれたコーチはいなかったんだ。今自分がこの舞台にいられるのは、イトウさんのおかげ」

 ピッチングについて熱い議論を戦わせる2人。その間に入って互いに説明する通訳は大変だったろうと思いきや、「途中からは通訳なしで2人っきりで話すようになったんだ」と振り返る。

「お互いに片言の日本語と英語を駆使しながら、ああでもない、こうでもないって議論を重ねたんだ。できるだけシンプルな言葉でボディランゲージを交えながら。いわゆる言葉は通じなくても、野球という共通言語を持っているし、野球に対するアプローチが同じだったからこそ、イトウさんとはそういう話し合いができたと思う」

またいつか日本で…「もし再びプレーする機会があれば、喜んでいくよ」

 同じ言語を話す者同士でも、同じビジョンを持つ人物に出会うことは稀だ。ましてや、太平洋の反対側、一か八かで渡った日本で、共通のビジョンを持ったコーチに出会えたことは奇跡に近い。

「イトウさんは、僕の中に可能性を見出していてくれた。こうすれば、もっといいピッチャーに成長できるっていうのが見えたからこそ、諦めることなく僕に付き合ってくれたんだと思う。イトウさんと巡り会えたことに感謝したいし、こうやってメジャーで定着できるようになるまでに成長できたことに感謝したい」

 もちろん、当面の目標はメジャーで成功を収め、チームとして世界一に輝くことだ。だが、長い野球人生、何が起こるか分からない。この先、再び日本でプレーするチャンスがあれば喜んで受けるつもりだ。

「日本は自分を野球選手として、人間として成長させてくれた場所。この先、もし再びプレーする機会があれば、喜んでいくよ。ヤクルト時代のチームメイトとも連絡は取っているし、チーム状況はやっぱり気になる。お互いにここから頑張って、プレーオフ進出につなげたいね」

 伊藤コーチと戦わせた野球談義を礎に、逆輸入右腕は今日もメジャーの舞台で黙々とアウトを積み重ねる。

(佐藤直子/Naoko Sato)

関連記事(外部サイト)