鷹「勝利の方程式」フル回転、オリ・ロメロら爆発…17年第14週投打5傑【パ編】

鷹「勝利の方程式」フル回転、オリ・ロメロら爆発…17年第14週投打5傑【パ編】

ソフトバンクのデニス・サファテ【写真提供:福岡ソフトバンクホークス】

ソフトバンクが首位に肉薄西武は4戦全敗

 パ・リーグの第14週はソフトバンクと楽天の首位攻防が激しさを増す形となった。

【パ・リーグNPB第14週(7/2-6/26)】
ソフトバンク 勝率.833(6試合5勝1敗0分)
オリックス 勝率.750(5試合3勝1敗1分)
楽天 勝率.500(5試合2勝2敗1分)
ロッテ 勝率.500(4試合2勝2敗0分)
日本ハム 勝率.333(6試合2勝4敗0分)
西武 勝率.000(4試合0勝4敗0分)

 ソフトバンクが快調で、オリックスも好調。楽天がやや足踏みしたが、-0.5ゲーム差で何とか首位を守った。西武はこの週、4戦全敗となった。

【打者5傑】

○安打
1ロメロ(オ) 13
2今宮健太(ソ) 10
3ウィーラー(楽) 9
3西川遥輝(日) 9
5柳田悠岐(ソ) 8
5大城滉二(オ) 8

○本塁打
1ウィーラー(楽) 3
2ロメロ (オ) 2
2柳田悠岐(ソ) 2
2今宮健太(ソ) 2
2マレーロ(オ) 2
2ペゲーロ(楽) 2
2甲斐拓也(ソ) 2
2松田宣浩(ソ) 2
2デスパイネ(ソ) 2

○打点
1ウィーラー(楽) 7
2柳田悠岐(ソ) 6
2マレーロ(オ) 6
2デスパイネ(ソ) 6
5加藤翔平(ロ) 5
5松田宣浩(ソ) 5
5中田翔(日) 5
5中島卓也(日) 5

○盗塁
1今宮健太(ソ) 1
1西川遥輝(日) 1
1ペゲーロ(楽) 1
1甲斐拓也(ソ) 1
1松田宣浩(ソ) 1
1福田秀平(ソ) 1
1伊志嶺翔大(ロ) 1
1外崎修汰(西) 1
1長谷川勇也(ソ) 1

○打率(規定打席以上)
1ロメロ(オ) .591
2柳田悠岐(ソ) .471
3田村龍弘(ロ) .462
4今宮健太(ソ) .435
5ウィーラー(楽) .429

○RC(Run Create)打者の総合指標 安打、長打、四死球、盗塁、犠打、犠飛を加味
1柳田悠岐(ソ) 8.89
2ロメロ (オ) 8.75
3今宮健太(ソ) 7.67
4ウィーラー(楽) 6.47
5西川遥輝(日) 6.10

 オリックス・ロメロが5試合で13安打の大当たり。楽天・ウィーラーは3本塁打7打点をマークした。ソフトバンクの柳田は2本塁打6打点に8四球と、警戒されながらも好調を維持している。

投手は…

【投手5傑】

○勝利
1松本裕樹(ソ) 1
1モイネロ(ソ) 1
1ディクソン(オ) 1
1有原航平(日) 1
1山岡泰輔(オ) 1
1石川柊太(ソ) 1
1松葉貴大(オ) 1
1上沢直之(日) 1
1唐川侑己(ロ) 1
1辛島航(楽) 1
1安樂智大(楽) 1
1五十嵐亮太(ソ) 1
1岩嵜翔(ソ) 1
1内竜也(ロ) 1

○セーブ
1サファテ(ソ) 4
2平野佳寿(オ) 3
3松井裕樹(楽) 2
4益田直也(ロ) 1

○ホールド
1ハーマン(楽) 3
1黒木優太(オ) 3
1嘉弥真新也(ソ) 3
1森唯斗(ソ) 3
5岩嵜翔(ソ) 2
5福山博之(楽) 2
5近藤大亮(オ) 2

○奪三振
1石川柊太(ソ) 12
2則本昂大(楽) 9
3菊池雄星(西) 8
3岸孝之(楽) 8
5東浜巨(ソ) 7
5唐川侑己(ロ) 7
5サファテ(ソ) 7

○防御率(規定投球回数以上)
1山岡泰輔(オ) 0.00
1石川柊太(ソ) 0.00
1福山博之(楽) 0.00
1石川歩(ロ) 0.00
1大石達也(西) 0.00

○PR(PitchingRun)投手の総合指標:(リーグ平均防御率-投手の防御率)×投球回で算出
1ディクソン(オ) 30.38
2山岡泰輔(オ) 28.64
3石川柊太(ソ) 25.06
4松本裕樹(ソ) 20.29
5有原航平(日) 19.64

 リーグ防御率は3.58。先発はオリックス・ディクソンが2試合に先発し11回を投げて自責点1、同じく山岡が8回を零封した。救援投手ではソフトバンクの救援陣が、サファテ4セーブ、嘉弥真、森、岩嵜が合わせて8ホールドと勝利の方程式ができている。(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)