巨人田口が凱旋登板でリーグ最多タイ7勝目、坂本3安打でチーム5連敗阻止

7回4安打無失点の快投で広島打線を寄せ付けず

 巨人は4日、敵地での広島戦に3-0で完封勝利し、連敗を4で止めた。投げては先発田口が7回4安打無失点の快投披露。打線もキャプテン坂本が3安打の活躍で勝利を手にした。

 凱旋登板となった田口は、初回先頭の田中にライトへ二塁打を運ばれたものの、続く菊池から4回1死まで打者10人連続凡退。5回を3者凡退とすると、6回、7回と走者を出したが、強打の広島打線を無失点に抑えた。8回はマシソン、9回はカミネロとつなぐ完封リレーで、リーグ最多タイ7勝目を手に入れた。

 この日は、打撃不振にあえぐマギーを今季初めてスタメンから外し、阿部を起用した。阿部は1安打に終わったが、6回に3安打した坂本と村田が適時打を放ち、2点先制に成功。8回にも1点を加えて、勝利を確かなものとした。

 広島は、先発野村が6回6安打2失点と試合を作ったが、打線が沈黙。4連勝はならなかった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)