元鷹・斉藤和巳氏が始球式で異例の5球 4年ぶり投球に「こんなに遠いとは…」

斉藤和巳氏 始球式で異例5球

元鷹・斉藤和巳氏が始球式で異例の5球 4年ぶり投球に「こんなに遠いとは…」

元鷹・斉藤和巳氏が始球式で異例の5球 4年ぶり投球に「こんなに遠いとは…」

松田宣浩とセレモニアルピッチで対戦した斉藤和巳氏【写真:福谷佑介】

王貞治球団会長も見守る中で松田と“勝負”、フェンス直撃の当たりに

 元ソフトバンクの斉藤和巳氏が、5日のオリックス戦(ヤフオクD)でヤフオクドームのマウンドへと上がった。この日の試合は、キリン株式会社の協賛で行われ、同社の製品「淡麗」の九州地区CMに出演する松田宣浩内野手とセレモニアルピッチで対戦した。

 王貞治球団会長までもが見守る中でのマウンドとなった斉藤氏。往年の豪速球とはいかないながらも、低めのボールで松田から空振りを奪い、久々のファンの声援に応えていると、ここで松田から、まさかの「もう1球」のリクエスト。2球目をインコースに投げ込んで松田を仰け反らせると、勝負はさらに継続。3球目、4球目はファールとなり、5球目のボールを弾き返され、打球は左中間フェンス直撃の当たりとなった。

 現役引退セレモニーが行われた2013年9月28日以来、約4年ぶりの投球だったという斉藤氏。「引退セレモニーの時より、良いボールだったんじゃない。ここのマウンドにまた上がれるとは思ってなかった。遠く見えたよ。こんなに遠いとは思わなかった」と振り返り「肩は痛いよ。今もキュンキュンしている。1球のために来たのに、松田のせいで5球も投げさせられた」と笑顔で語っていた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)