“最強守護神”ソフトBサファテ、通算200セーブに並ぶ圧倒的な数字とは…

“最強守護神”ソフトBサファテ、通算200セーブに並ぶ圧倒的な数字とは…

ソフトバンクのデニス・サファテ【写真:藤浦一都】

7年目での達成はNPB史上最短記録

 7月5日、ソフトバンクのデニス・サファテ投手がオリックス・バファローズ戦で今季25セーブ目を挙げ、通算200セーブを記録した。NPB史上6人目、7シーズン目での達成だった。

 サファテは2001年MLBドラフト9巡目でミルウォーキー・ブルワーズに入団。ドラフト同期にはツインズのジョー・マウアー、メッツのデービッド・ライトらがいる。

 マイナー時代はずっと先発投手だったが、2006年に救援投手としてメジャー昇格を果たし、4シーズンで92試合に登板し、26交代完了を記録したが、敗戦処理が多くセーブは記録できなかった。

 2011年広島に移籍して1年目は35セーブ、翌年から2年間はセットアッパーだったが、2014年にソフトバンクに移籍してからは不動のクローザーとして活躍している。

 NPBで200セーブ以上を記録した投手は次の通り(※は現役)。

岩瀬仁紀  403※(中日)
高津臣吾  286
佐々木主浩 252
小林雅英  228
藤川球児  223※(阪神)
サファテ  200※(ソフトバンク)

 外国人選手では初。これまでの外国人投手の最多セーブはマーク・クルーンが記録した177セーブだったが、今年に入ってこれを抜いた。

 7年目での達成はNPB史上最短だが、サファテは投球内容がずば抜けて良い。150セーブ以上を記録した投手の通算防御率5傑を見てみよう。

サファテ  1.57 200セーブ※(ソフトバンク)
藤川球児  2.02 223セーブ※(阪神)
岩瀬仁紀  2.15 403セーブ※(中日)
佐々木主浩 2.41 252セーブ
江夏豊   2.49 193セーブ

サファテが絶対的なクローザーと呼ばれる、もう1つの理由とは…

 1点台はサファテだけ。キャリアでも2012年、広島時代に2.90になった以外は今季(0.84)も含め、すべて2.00未満。絶対的なクローザーと言えるだろう。

○現役選手のセーブ10傑

岩瀬仁紀 403(中)
藤川球児 223(神)
サファテ 200(ソ)
武田久  167(日)
永川勝浩 165(広)
平野佳寿 145(オ)
山口俊  111(巨)
増井浩俊 96(日)
西野勇士 86(ロ)
松井裕樹 86(楽)

 サファテは、藤川のセーブ記録を来年にも抜く可能性がある。サファテに次ぐ4位以下の投手にはベテランが多い。次の200セーブはオリックスの平野が有望だが、将来的には、今季すでに23セーブを挙げている21歳の楽天松井に期待がかかるところだ。

 サファテは、今年4月に36歳となったが、衰えは全くうかがえない。分厚い戦力を誇るソフトバンクでも、サファテの代わりを務めることができる投手は見当たらない。まさに「勝利の方程式」の担い手だと言えよう。

 シーズンセーブ記録は2005年に中日岩瀬、2007年に阪神藤川が記録した46だが、サファテは今季、これを破る可能性もある。最強のクローザーはどこまで記録を伸ばすだろうか?(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)