ハム大田が途中交代、アクシデント発生か? 4回守備からベンチに退く

3回攻撃でドレイクの適時打で二塁から一気に生還

 日本ハムの大田泰示外野手が、途中交代した。6日の西武戦(札幌D)。4回表の守備からベンチに退き、負傷などのアクシデントがあった可能性もある。

 3回の攻撃。先頭で打席に入った大田は、西武先発のファイフから中前安打を放って出塁。田中賢の中前安打で二塁に進むと、ドレイクの左前安打で一気に本塁へと生還した。

 その際にどこかを痛めたのか、その後の守備の前に栗山英樹監督は、松本への交代を告げた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)