米国外出身者の最多安打樹立、イチロー偉業にマ軍監督感嘆「アメイジング」

米国外出身者の最多安打樹立、イチロー偉業にマ軍監督感嘆「アメイジング」

敵地カージナルス戦でマルチ安打を放ったマーリンズ・イチロー【写真:Getty Images】

イチローマルチ、マッティングリー監督称賛「いまだに競争力保ち、生産的」

 6日(日本時間7日)の敵地カージナルス戦でマルチ安打を放ち、メジャー通算3054安打としたマーリンズのイチロー外野手。3053本のロッド・カルーを一気に抜き去り、歴代24位に浮上し、米国外出身の選手として歴代単独1位の安打数となった。またも偉業を打ち立てたベテランに、マーリンズのドン・マッティングリー監督も「アメイジング」と感嘆している。

 この日は6月29日(同30日)のメッツ戦以来のスタメン出場となり、「7番・右翼」に入ったイチロー。1点を追う2回1死走者なしの場面で相手先発ワカの4球目を捉えて、左前安打をマークすると、その後の2打席で二ゴロ、四球で迎えた8回先頭の第4打席。1点を追う状況で相手4番手セシルから中前安打を記録し、マルチ安打をマークした。これでメジャー通算3054安打とした43歳は歴代24位に浮上。また、昨年8月に3000安打を達成して以降、3000安打のロベルト・クレメンテ(プエルトリコ)、3020安打のラファエル・パルメイロ(キューバ)、そしてカルー(パナマ)を抜き去り、米国出身以外の選手で最多安打となった。

 マーリンズは8回のイチローのヒットから無死一、二塁の好機につなげたが、後続が凡退。9回もチャンスを作ったが、あと1本が出ず、3-4で敗れて連勝が2で止まった。

 試合後は複数の米メディアがイチローの安打記録を速報。米メディア「FOXスポーツ・フロリダ」はマッティングリー監督がイチローの偉業を称賛する様子を伝えており、指揮官は「今日、イチは複数安打を放った。イチの年齢、そして彼がこのレベルでいまだに競争力を保っており、生産的であることを考えると、アメイジングだ」と感嘆の声を漏らしている。

 歴代23位のリッキー・ヘンダーソン(3055安打)まで残り1本、さらにクレイグ・ビジオ(3060安打)も残り5本に迫るベテランは今季どこまで成績を伸ばすのか。今後の活躍が期待される。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)