投手復帰間近の大谷翔平、米移籍はいつ? 「今オフ可能性低し」と米報道

投手復帰間近の大谷翔平、米移籍はいつ? 「今オフ可能性低し」と米報道

日本ハム・大谷翔平【写真:田口有史】

2日から海外アマチュアFA選手との契約が解禁も…

 左太もも裏の負傷で開幕直後に登録抹消された日本ハム大谷翔平投手。6月23日にDHとして待望の1軍復帰を果たし、さらに近日中には投手としてもマウンドに戻る予定だ。大谷が近い将来のメジャー移籍を希望していることは周知の事実。2軍で調整中もメジャー球団の首脳陣やスカウトらが視察に訪れていたほどだ。早ければ今季終了後にも実現するかもしれない大谷の米移籍だが、「CBSスポーツ」電子版では「今オフ移籍の可能性は低くなった」と見ているようだ。

 7月2日(日本時間3日)からメジャーでは海外アマチュアFA選手との契約が解禁となり、各球団ともに続々とドミニカ共和国、ベネズエラなどの有望選手との契約を発表。記事によれば、すでに契約金が7桁=100万ドル(約1億1300万円)を超える選手は22人おり、最高額はレイズと契約したドミニカ共和国出身のワンダー・フランコ遊撃手で、契約金は382万5000ドル(約4億3270万円)となっている。

 昨年12月から施行されている新労使協定により、海外FA選手を獲得する場合の契約金上限の適用が、23歳から25歳未満に引き上げられた。さらに、各球団が契約で使用できる金額(年俸や出来高など)の上限が、前年度の成績を加味して、475万ドルから575万ドル(約5億3700万円から6億5100万円)を超えてはいけないと定められた。ただし、この金額の上限は、当初定められた金額の50パーセントまで、他球団とのトレードで引き上げることができる。

大谷、球団側はどのような決断を下すのか…米国も注目

 また、昨年度の海外アマチュアFA選手との契約で定められた金額の上限を超えたペナルティとして、今季は1つの契約につき、30万ドル(約3400万円)が上限とされるチームが11球団あるそうだ。アスレチックス、アストロズ、ブレーブス、カージナルス、カブス、ドジャース、ジャイアンツ、ナショナルズ、パドレス、レッズ、ロイヤルズがそれに当たる。

 以上のような状況を総合すると、今オフ各球団が大谷獲得に使える資金はわずか、もしくはほぼ残っていないということになる。記事では、今オフ移籍なら大谷が6桁=100万ドル以下の小額の契約を飲むか、どこかのチームが獲得のために節約しているか、あるいは制限対象外の25歳になる2年後に大型契約を結ぶか、いずれかの選択肢しか残されていないとしている。つまり、今オフのメジャー移籍の可能性は極めて低いだろう、という見解だ。

 ただし、この記事が前提としているのは、大谷が契約金額にこだわること。もし大谷が契約金額の大小にこだわることなく、自らの夢を最優先させるのであれば、現在所属する日本ハムと大谷の話し合い次第で、今オフの移籍に乗り切る可能性もある。たとえ、契約面での制約がなかったとしても、大谷自身シーズン前半を怪我で棒に振ってしまい、チームも5位と低迷するだけに、今オフは移籍に踏み切らない可能性もある。

 いずれにせよ、今オフは大谷と日本ハムがどんな結論を出すのか、米国からも熱い視線が注がれていることは間違いなさそうだ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)