ホークスにアクシデント発生、柳田が負傷交代…5回に自打球を右膝に当てる

内角カットボールを振るも打球が右膝直撃

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が、途中交代した。7日の日本ハム戦(札幌D)。5回の第3打席で右膝付近に自打球を当て、その後の守備からベンチへと退いた。

 アクシデントは5回の打席だった。カウント2ボール2ストライクからの5球目。日本ハム先発の有原が投じたインコースのカットボールを打つと、打球が自身の右膝を直撃。そのままグラウンド上へと倒れ込んだ。立ち上がってそのまま打席に立ち、遊飛に倒れたが、その際も右足を引きずるようにして走っていた。その後の守備で、工藤公康監督が福田秀平への交代を告げた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)