ハム大谷、一発同点の好機でレフトフライ…“左キラー”の嘉弥真に屈す

3点を追う6回1死二、三塁で代打出場

 日本ハムの大谷翔平投手が、絶好のチャンスに登場したものの、凡退した。7日のソフトバンク戦(札幌D)。3点を追う6回1死二、三塁のチャンスで、代打で登場した。

 この回、先頭のレアードが四球で出塁し、田中賢が遊撃内野安打で続く。ドレイクの遊ゴロの間に、走者がそれぞれ進塁し、1死二、三塁となると、栗山英樹監督は一発同点のチャンスで代打・大谷を打席に送った。ソフトバンクも先発の東浜から、左キラーの嘉弥真へとスイッチした。

 初球は外角へのスライダーでボール。2球目は同じく外角へのスライダーでファール。3球目は外へのスライダーでボール。4球目は真ん中へのスライダーを見逃し。5球目は内角へのシュートでファール。6球目はインコースへのシュートでファール。7球目は外角へのスライダーでボール。フルカウントで迎えた8球目、外角へのスライダーを捉えたが、打球は力なく上がり、左飛に終わった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)