ロッテ新外国人パラデスが同点アーチ、福浦が決勝犠飛で4連敗阻止

オリックス新人山岡は8回4安打11奪三振1失点の快投も…

 ロッテは7日、敵地でのオリックス戦に3-1で勝利し、4連敗を阻止した。投げてはエース涌井が7回1失点の好投。9回には福浦が決勝犠飛、井口が押し出し四球で追加点を入れ、接戦を制した。

 ロッテ涌井、オリックス山岡の両先発が見事な投手戦を演じたこの日。5回表までスコアボードには「0」が並んだが、5回裏にオリックスが小谷野のタイムリーで1点先制に成功する。その後も両軍打線は苦しむが、7回表、先頭のパラデスが値千金の同点ソロを放ち、試合を振り出しに戻した。

 このまま延長戦に突入かと思われた9回。オリックス守護神平野をロッテ打線が捉える。1死満塁から福浦がレフトへ犠牲フライを放ち、勝ち越しに成功すると、なおも2死満塁で井口が四球を選択し、2点目を追加。ベテラン2人の渋い働きで、ロッテは連敗を3で止めた。

 オリックス新人山岡が、8回4安打11奪三振1失点の快投を見せたが、平野が堪えきれず。チームは3連敗を喫した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)