楽天が今季初の首位陥落も銀次「これから攻める野球を見せていけたら」

楽天が今季初の首位陥落も銀次「これから攻める野球を見せていけたら」

楽天・銀次【写真:荒川祐史】

西武菊池に手も足も出ず、今季3戦3敗…

 楽天は7日、本拠地での西武戦に0-5で敗れた。マイナス0.5ゲーム差のソフトバンクが日本ハムに勝ったため、2位に転落。今季、初めて首位の座を明け渡した。

 今季2戦2敗だった西武・菊池を攻略できなかった。初回に1番島内、2番ペゲーロが連打を放つも、クリーンアップが打ち取られて先制のチャンスを逃した。3回には1死から失策と四球で走者をためたが、3番ウィーラーが二飛、4番アマダーが空振り三振に倒れた。8回には走者を三塁に置いて、アマダーの打球はセンターライナー。ホームに帰ることはできなかった。

 結局、菊池から放った5安打はすべて左打者。右打者は無安打に終わった。2回以降は毎回の14三振を奪われ、梨田監督は「右(打者)の方が(ストレートの)角度があって、外からのスライダーもあるから難しかったのかもしれない。初回の一、二塁でチャンスがありながら0点ということで残念だった」と話した。

 先発・辛島はピンチを抑えきれなかった。3回2死一、三塁で一塁走者の源田が盗塁。捕手細川の二塁送球がセンターへ抜ける間に三塁走者の炭谷がホームインし、先制された。なおも2死二塁で浅村に左中間を破る適時二塁打を浴びた。

前半最終戦は首位決戦、指揮官「SB戦に繋げないといけない」

 6回には浅村、栗山に連打を許すと、メヒアに四球を与え、1死満塁で外崎に右前適時打。ここで辛島は降板し、マウンドには久保が上がったが、炭谷に右犠飛、代打渡辺に中前適時打を許した。「(辛島は)5回まで2点ということで悪いということはなかったと思う。6回からの失点が相手を楽にしてしまった」と梨田監督。相手先発がここまで勝てていない菊池だっただけに後半の失点を悔いた。

 マイナス0.5ゲーム差の2位だったソフトバンクが日本ハムに勝利し、七夕の夜に白星はつかめなかった楽天は首位陥落。梨田監督は「それは仕方ないこと」と話し、6回にレフトオーバーの二塁打を放った銀次は「これから攻める野球を見せていけたら。1位も2位も関係ない。自分たちの野球をやるだけ」と前を向いた。

 前半戦は残り4試合。西武と2試合を戦った後、福岡でのソフトバンク戦に挑む。指揮官は「(西武に)なんとか勝ち越して、ソフトバンク戦に繋げないといけない」と明日以降を見据えた。(高橋昌江 / Masae Takahashi)

関連記事(外部サイト)