楽天美馬が好調西武打線でルーキー源田を警戒「つないで得点になっている」

楽天美馬が好調西武打線でルーキー源田を警戒「つないで得点になっている」

楽天・美馬学【写真:荒川祐史】

西武戦は今季2戦2勝もぬかりなし

 楽天の美馬学投手が8日、本拠地の西武戦に先発する。

 西武には今季2戦2勝。それでも、4連勝中の相手に「いい打線になっていると思う。つながりがあり、足も使えるいい打線」と警戒は怠らない。1番秋山は7日こそ無安打だったが、それまでは2試合続けて猛打賞。「(2番源田が)つないで得点になっている。3、4番は打点が多い。ランナーを置いて得点につながりやすいので気を付けたい」と話した。

 前回登板は1日のソフトバンク戦。初回に2点を失い、3回に味方打線が逆転してくれたが、5回に7失点するなど、6回途中を12安打10失点でノックアウトされた。防御率1点台と安定したピッチングでチームの躍進を支えてきたが、味方のミスも絡んだとはいえ、まさかの大量失点。試合は9-10で敗れた。美馬は「調子自体は悪くなかったが、球種の選択を落ち着いてできていなかった」と振り返り、「次は落ち着いてやれれば」と冷静な投球を誓った。(高橋昌江 / Masae Takahashi)

関連記事(外部サイト)