日ハム松本は肩もスゴイ! 高速レーザーで本塁アウト 3冠王柳田も悔しげ

日ハム松本は肩もスゴイ! 高速レーザーで本塁アウト 3冠王柳田も悔しげ

日本ハム・松本剛【写真:(C)PLM】

左翼からワンバン送球で犠飛阻止、打点損した柳田は天見上げる

 日本ハムの松本剛内野手が9日、ソフトバンク戦(札幌D)で高速レーザービームで本拠地を沸かせた。

「2番・左翼」でスタメンに名を連ね、0-0で迎えた4回無死三塁の守備。目下3冠の柳田が日本ハム上沢の初球をフルスイングし、レフト方向にライナー性の打球を打ち上げた。

 長打を警戒して定位置より、やや深めに守っていた左翼・松本だったが、打球に瞬時に反応すると、前進して捕球。三塁走者・高田がスタートを切ると、2、3歩ステップした松本は体全体を使って右腕を振り抜き、バックホームを試みた。

 放たれたボールは矢のようにグングン伸び、左右にぶれることなく、捕手・市川のもとへ。ホームベース手前でワンバウンドしたボールを市川が巧みに拾い上げ、走者に余裕をもってタッチ。見事なレーザービームで補殺を記録し、併殺でピンチの芽を摘んだ。

 本拠地は割れんばかりの大歓声が起こる中、松本は破顔一笑。ベースカバーに入っていた上沢はグラブを叩いて喜んだ。一方、打点ランキングを独走する柳田は打点を損する形となり、一塁ベース上で悔しげな表情を浮かべ、天を見上げた。

 松本は今季ブレイクした6年目。好調な打撃で話題を集めていたが、強肩でも一躍注目の的となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)