日ハム連敗5でストップ! 上沢が7回0封で2勝目 ソフトBは6連勝で止まる

上沢がバックの好守に助けられ、ソフトB打線を封じる

 日本ハムが先発の上沢の好投で、連敗を5で止めた。9日のソフトバンク戦(札幌D)。右腕が強力なホークス打線を7回まで無失点に封じるピッチングを見せ、今季2勝目をマークした。

 鷹打線を見事なまでに抑え込んだ。上沢は初回、先頭の明石に右翼フェンス直撃の二塁打を浴びながらも、打撃3部門でトップに立つ柳田を空振り三振、そして内川を二ゴロに切り、ピンチを脱出。4回には先頭の高田に三塁打を浴びたが、柳田の左飛を処理した松本が本塁へ好返球し、タッチアップを狙った走者を刺殺。5回にも先頭打者を塁に出しながら、一ゴロ併殺。バックの好守もあり、ゼロを並べていった。

 最大のピンチは1点リードで迎えた7回。先頭の高田に内野安打、柳田に二塁打を浴び、無死二、三塁とされた。ここから内川を投ゴロ、デスパイネを二飛、中村晃を三ゴロに切って、窮地を脱した。8回はマーティン、そして9回は守護神の増井が締めくくった。

 打線は少ないチャンスを得点に繋げた。両チームで無得点で迎えた5回、1死から四球で出塁した石井一を犠打で二塁へ進めると、西川が左前適時打を放って1点を先制。7回にはドレイクが四球で出塁し、代走の岡が盗塁を決めて二塁へ進むと、市川が左前適時打を放ち、貴重な追加点を挙げた。

 ソフトバンクは連勝が6でストップし、日本ハム先発の上沢の前に、チャンスは作るものの、本塁が遠く、今季3度目の零封負け。先発のバンデンハークは7回を投げ、わずか4安打2失点の好投だったが、打線の援護がなく4敗目。今季喫した4敗のうち、札幌ドームだけで3敗目となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)