【MLB】イチローが語る“哲学” 野球は「自分の限界を見極められる唯一の手段」

【MLB】イチローが語る“哲学” 野球は「自分の限界を見極められる唯一の手段」

マーリンズ・イチロー【写真:Getty Images】

イチローがサムスン電子のVR動画に登場、「準備」「努力」「成功」について語る

 メジャー17年目のシーズンで米国外出身選手の最多安打記録を塗り替えたマーリンズのイチロー外野手。6日(日本時間7日)のカージナルス戦で2安打をマークし、通算3054安打として、歴代24位だったロッド・カルー(3053安打)を抜き去った。まさに偉業。ただ、背番号51はこれまでのキャリアについて「成功したのかどうかは分からない」と明かしている。

 このたび、サムスン電子が「準備の美学(Ichiro Suzuki: The Art of Preparation)」と題したVR動画を公開。イチローについて特集しており、本人や通訳のアラン・ターナー氏へのインタビューも行っている。一見の価値がある動画で、イチローがこれまでどのようにして野球を向き合ってきたのか、その“哲学”をうかがい知ることが出来る。

 イチローは「生まれつきの才能というのはこの世界でやるには必要だと思います」としながら、“努力”の大切さを説く。「ただ、もう1つ重要なことは自分の中で限界が見えたときにもう少し頑張れたかどうか」。これが大切だとした上で「それを自分なりに重ねたきたという自負はあります」と話している。

 通訳でありながら、キャッチボールの相手やフリー打撃の投手役を務めることもあるターナー氏も、動画の中でイチローについて「いつも人に言うのは、彼よりスイングしている人は地球上にはないということです」と説明。イチローは、シーズン中の休日も必ず球場などでトレーニングすることで知られており、キャンプインしてからシーズンを終えるまで、ターナー氏にも1日たりともオフはないという。

 イチローは「準備をするというのは、その日一日が終わったときに、後悔しない。言い訳の材料を作らない」ことだと説明。そして、「今は、昨日できなかったことが一番悔しい思い出として、残ってます」と言う。

準備は「言い訳の材料を作らない」こと、野球は「限界を見極めることができる唯一の手段」

 動画では「成功」についても語っている。「僕が成功したかどうか、僕自身はわかりません」。こう話すイチローは、成功したかどうかは人が決めることだとして、「だから、僕はそもそも成功という概念が好きではないんですね」と言及。そして、「野球」への思いを明かす。

「自分が一番情熱を捧げられるものに対しては、向き合うことができる。それ以外のことだったら、もし壁にぶち当たったら、そこで引き返してしまったり、その壁を越えないと思いますけど、野球だけでそれを僕は出来ると思います。自分の限界を見極めることができる、唯一の手段だと思います」

 昨年、日米通算安打でピート・ローズ氏のメジャー最高記録4256本を超え、“世界一“になったイチローは、8日(日本時間9日)現在で4331安打(NPB1277安打、MLB3054安打)までヒットを積み上げてきた。まさに幾つもの「壁」を越えて、途方もない数字に達した。

 地球上の誰よりも多くのスイングを重ねてきたイチローは、日米通算4000安打を達成した時の記者会見で、「誇れることがあるとすると、4000のヒットを打つには、僕の数字で言うと8000回以上は悔しい思いをしているんですよね。それと常に向き合ってきたことの事実はあるので、誇れるとしたらそこじゃないかなというふうに思いますね」と話していた。

 また、昨年6月にピート・ローズの通算安打数を超えたときには「僕は子供の頃から人に笑われてきたことを常に達成してきているという自負はある」とした上で「常に人に笑われてきた悔しい歴史が僕の中にはあるので、これからもそれをクリアしていきたいという思いはもちろんあります」とも胸中を明かしている。「悔しさ」とともに重ねてきた安打数は、これからも増えていく。その「限界」がどこになるのか、誰も想像できない。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)