【MLB】田中将大、序盤に痛恨2被弾で5回途中5失点 メジャー自己最多8敗目

田中将 メジャー自己最多8敗

【MLB】田中将大、序盤に痛恨2被弾で5回途中5失点 メジャー自己最多8敗目

【MLB】田中将大、序盤に痛恨2被弾で5回途中5失点 メジャー自己最多8敗目

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

前半戦最後の登板で初回に3ラン、2回にソロ被弾

 ヤンキース田中将大投手が9日(日本時間10日)の本拠地ブルワーズ戦で5回途中5失点で8敗目(7勝)を喫した。初回に3ランを被弾するなど立ち上がりから失点し、自身の連勝は2でストップ。3-5で競り負けたヤンキースは前半戦最後の試合を勝利で飾れなかった。

 ここ3試合連続でクオリティースタート(QS、6回以上を自責3以内)を続けていた田中は初回からつかまった。先頭のビラ―、テムズと連続安打を浴びると、1死一、三塁から4番ショーにライトへ痛恨の3ランを浴びて失点。さらに2回、先頭のボートに右中間へソロ弾を浴びて4失点目を喫した。

 4回に味方打線がフレージャーの2ランなどで3点を返し、1点差まで詰めたが、田中はピリッとしない。5回、1死からテムズ、サンタナと連打を浴びて1死一、二塁となったところで降板。その後、シュリーブがタイムリーを打たれ、田中に5失点目がついた。

 ヤンキースはその後、好機を作るもあと1本が出ず、敗戦。田中は4回1/3で6安打5奪三振5失点で防御率5.47となった。8敗はメジャー4年目で自己最多となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)