計168勝vs計6勝の対決…「-0.5差」のパ首位攻防戦、対照的な先発投手が鍵に

計168勝vs計6勝の対決…「-0.5差」のパ首位攻防戦、対照的な先発投手が鍵に

楽天・則本昂大【写真:荒川祐史】

前半戦最後に最大のヤマ場、楽天は則本&岸、ソフトBは石川&松本が先発へ

 楽天とソフトバンク。パ・リーグの首位を争っている2チームが、オールスター前最後のカードで再び対峙する。11、12日、ソフトバンクの本拠地ヤフオクドームでの2連戦。両球団にとって、前半戦最後にして、最大のヤマ場となるだろう。

 現在、勝率の差で首位に立っているのは楽天。マイナス0.5ゲーム差の2位で追うソフトバンク。6月30日から7月2日にも、楽天の本拠地Koboパークスタジアム宮城で対戦した際は、ソフトバンクが2勝1敗と勝ち越している。

 ソフトバンクはそこから6連勝。7月7日の日本ハム戦(札幌D)に勝ち、楽天が西武に敗れたため、今季初めて単独首位に立った。だが、楽天は8、9日と西武に連勝。ソフトバンクが9日に日本ハムに敗れ、再び順位はひっくり返り、首位・楽天、2位・ソフトバンクの構図で、再び首位攻防戦を迎える。

 この直接対決、両チームの先発投手が鍵となるだろう。興味深いのは楽天が「2本柱」を据え、ソフトバンクが「2人の新星」を送り込むという、対照的な形になったことだろう。

 楽天は初戦に、今季8試合連続2桁奪三振のメジャー記録に並んだ則本昂大、そして第2戦には、ローテを再編して中9日で岸孝之を送り込む。

 則本は今季、対ソフトバンクは初登板だった4月4日の本拠地でのゲーム1試合のみに登板。この時は6回5安打1失点、8個の三振を奪って勝利投手となっている。

 岸は今季2試合に投げており、1勝1敗。5月14日の敵地での登板は7回4安打1失点で勝利。7月2日の本拠地での試合は7回まで1失点に抑えながら、続投となった8回に掴まり、7回1/3で5安打4失点で負け投手になった。ただ、7回までの投球は安定したものだった。

年俸では楽天「2本柱」が計4億5000万円、ソフトBは「2人の新星」で計1300万円

 一方のソフトバンクは初戦に、今季途中に中継ぎから先発へと配置転換され、4勝をマークしている石川柊太が先発。そして、第2戦には武田翔太投手ではなく、2014年のドラフト1位、プロ3年目の松本裕樹が先発することになった。

 先発転向後、一気に頭角を現してきた石川。5月31日の中日戦(ヤフオクD)でプロ初先発初勝利を挙げると、そこから5試合で4勝1敗。本拠地で4連勝中で、2試合連続7回1安打無失点と完璧な投球を見せている。楽天戦は中継ぎで4試合に登板。計5イニングを投げて2失点、防御率は3.60となっている。先発として対戦するのは初だ。

 松本も2試合に中継ぎとして登板後、5月27日の日本ハム戦(札幌D)でプロ初先発。6月3日のDeNA戦(横浜)で初勝利を掴むと、同29日の日本ハム戦(ヤフオクD)で6回途中無失点と好投し、2勝目をマークした。楽天とは、今季初登板となった5月14日に本拠地で対戦。1回2/3を投げて、3安打2失点だった。将来への期待値も込められた先発抜擢でもあるだろう。

 則本はプロ通算59勝、岸は109勝と2人で計168勝。一方のソフトバンクは石川が4勝で、松本が2勝の計6勝である。今季の推定年俸で見ても、楽天の則本が2億円、岸が2億2500万円と2人で4億超に対し、ソフトバンクの石川は500万、松本が800万円と2人で計1300万円だ。

 積み上げてきた実績には雲泥の差があるのは、一目瞭然。ただ、実績通りに結果が出るとは限らないのが、プロ野球の世界である。打線がどれだけ援護出来るかも重要。対照的な2人の投手が先発マウンドに上がる鷲と鷹の直接対決。仙台での3連戦は非常にハイレベルな攻防が繰り広げられていた。福岡での2連戦ではいかなる戦いが展開されるか、要注目だ。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)