ホークス五十嵐にアクシデント 7回途中に救援も2球目で左太もも痛めて降板

ソフトバンクに緊急事態、五十嵐が負傷降板

 ソフトバンクに緊急事態が襲った。11日の楽天戦(ヤフオクD)。2点リードで迎えた7回に、五十嵐亮太投手にアクシデントが起きた。

 この回、まずは森がマウンドへ。先頭の三好に左翼線への二塁打を許す。続く嶋を一ゴロに打ち取ると、ここで嘉弥真へスイッチ。左腕は島内に四球を与えると、ペゲーロの打球は一塁へのボテボテのゴロとなったが、内野安打となった。さらに一塁・内川のトスが高い悪送球となり、1人が生還した。

 嘉弥真は岡島を空振り三振に切り、ウィーラーを迎えたところで五十嵐に交代。だが、その五十嵐が1ボールから2球目を投じたところで、左太もも裏を痛めてプレー続行不能となり、緊急降板。急遽、岩嵜がマウンドへと上がった。直後、岩嵜はウィーラーに2点適時打を打たれ、同点となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)