ソフトB五十嵐が長期離脱 工藤政権では異例の“登板過多”、救援陣に影響は?

ソフトB五十嵐が長期離脱 工藤政権では異例の“登板過多”、救援陣に影響は?

ソフトバンク・五十嵐亮太【写真:荒川祐史】

五十嵐は最低2か月離脱へ、勝ちパターンの救援陣へ更なる負担

 痛すぎる負傷だった。11日の楽天との首位攻防第1ラウンド。7回にソフトバンクの4番手として登板した五十嵐亮太投手。2球目を投じたところで、左太もも裏に痛みを訴えて緊急降板。福岡市内の病院でMRI検査を受けた結果。左半腱半膜様筋の損傷で、全治8〜12週間と診断された。最低でも2か月の離脱を余儀なくされることとなった。

 五十嵐の離脱は、1人の怪我人が出たということ以上に、チームにとって与える影響は大きい。ただでさえ負担がかかっているリリーフ陣に、更なる負荷をかけることになるかもしれない、ということだ。

 今季、ソフトバンクのリリーフ陣、特に勝ちパターンで投げる投手は登板過多気味になっている。82試合を消化した11日現在で、最多は岩嵜翔の42試合。次いで、五十嵐が39試合、森唯斗が38試合、守護神のサファテが35試合。左キラーとして現在重用されている嘉弥真新也は約1か月の登録抹消期間がありながらも、すでに30試合に登板している。

 首位に立つ楽天を見てみると、最多は守護神・松井裕樹の38試合。ここまで防御率0.00を続ける福山博之が36試合、そしてハーマンが32試合。ソフトバンクに比べて、試合消化が8試合少ないところも影響しているだろうが、30試合を超えているのは、この3人だけである。

 五十嵐は負傷のため離脱となったが、残る4人がこの登板ペースで行くと、143試合終了時点で岩嵜が73試合、森が66試合、サファテが61試合、1か月の登録抹消期間があった嘉弥真でさえ、52試合となる。この登板数、工藤体制となってからのソフトバンクにとっては、異常な数字となっていると言える。

 2015年に就任した工藤公康監督は、中継ぎ投手陣の登板数には、細心の注意を払ってきた。他球団には、1シーズンで70試合以上投げる投手もいる中で、ソフトバンクは、守護神のサファテを除いて、基本的にはシーズン60登板以内に抑えるようにやり繰りしてきた。勤続疲労を防ぎ、長い間、選手に活躍してもらおうという考えあってのことだった。

若手投手が奮闘も…先発陣の負傷離脱が救援陣に影響

 現に、2016年はサファテ64試合に次いで多いのはスアレスの58試合、森の56試合。2015年もサファテの65試合に続くのは、森の55試合、五十嵐の54試合、二保の44試合と、守護神だけしか60試合を超えていない。今季、登板が多いのは明らかである。

 その面々に偏った継投策となっていることもあるが、原因の1つには、先発陣の相次ぐ故障もある。今季は、和田毅が左肘の遊離軟骨除去手術で今も離脱中、武田翔太は右肩の炎症、千賀滉大は左背部の張りで一時チームを離れた。完投能力のある投手が1度に3人、欠けたのだ。

 石川柊太、松本裕樹といった若い投手の奮闘があって、白星を積み重ねてきており、彼らの好投には素直に賛辞を送りたいが、まだ、1試合を投げ抜くだけの段階まで来ていないというのが正直なところ。ローテに入ってまだ1年目。6回、長くて7回を投げ抜いてくれれば、御の字といったところだ。

 今季、チームの完投数は東浜の2試合、そして攝津正の1試合と計3試合しかない。7勝を挙げているバンデンハークは今季、要する球数が多く、6回には100球前後に達してしまう。武田、千賀も復帰したばかりでいきなり長いイニングを投げることを求めるのは酷だろう。

 53勝29敗の貯金24と、順調に白星を積み重ねてきているソフトバンク。6回終了時にリードしていた試合で、開幕から40連勝(11日の敗戦でストップ)していたことからも分かる通り、鉄壁のリリーフ陣が、それを支えてきた。

 そんな中で、状況問わずに登板してきた五十嵐を欠くことにより、他の中継ぎ投手への負担が増す可能性は高い。五十嵐のポジションを別の投手で埋め、かつ、登板数を分散させていかなければ、後半戦、特に勝負の終盤戦でリリーフ陣の失速につながるリスクとなる。先発陣がこれまで以上に、1イニングでも長く投げることにより、中継ぎ陣の負担を軽減させることも必要となるだろう。

 楽天とのデッドヒートは後半戦に入っても、続くだろう。雌雄を決する後半戦。リリーフ陣がリスクとならないように、工藤公康監督はじめ首脳陣のマネジメント能力が問われる。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)