【MLB】ダルビッシュはMLB「最高の一人」 数字が示す実力、米紙「成績は嘘つかない」

【MLB】ダルビッシュはMLB「最高の一人」 数字が示す実力、米紙「成績は嘘つかない」

レンジャーズ・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

ファンからは不満の声も? 「なぜ彼の評価は両極端に分かれるのか」

 レンジャーズのダルビッシュ有投手は、6勝8敗、防御率3.49という成績で前半戦を終えた。右肘靭帯断裂手術(通称トミー・ジョン手術)から復帰2年目にして、6年契約最終年のシーズン。どのようなパフォーマンスを見せるか、開幕前から日米で大きな注目が集まっていたが、援護に恵まれず黒星が先行する中でもしっかりゲームを作り、エースとしての役割を果たしている。

 一方で、レンジャーズファンから不満の声も上がっていると、地元紙は伝えている。「スターテレグラム」は「成績はダルビッシュの素晴らしさを示している、しかし、なぜ彼の評価は両極端に分かれるのか」とのタイトルで特集を組み、「レンジャーズファンの中には不満などの声が伴う」と伝えた。

 記事では「彼はアメリカン・リーグ最高の投手の一人である。そして、試合において最高の選手の一人でもある」とダルビッシュを高く評価。一方で、獲得にポスティングシステム(入札制度)の入札額と総年俸を合わせて約1億2000万ドル(約136億円)を要したことや、完投がキャリアで2度しかないこと、最近9試合登板のうちチームが8敗していることなどを挙げて、ファンの中では「彼はエースではない」「長期契約延長に値しない」「有望株とトレードすべき」などの思いがあることにも言及している。

 反面で同紙は「不満の原因は期待によるものである」との見方を示し、レンジャーズ首脳陣やチームメイトの評価も紹介。ジョン・ダニエルズGMは「投手全体に目を向け、彼らが成し遂げてきたことを考えると、ユウは非常に素晴らしいことがわかる」と話し、主砲のエイドリアン・ベルトレ内野手も「彼は我々のエースだ。彼がマウンドに上がるといつも、我々は自分自身、そして試合に勝つチャンスが有ると自信を持つことが出来るんだ。間違いなく彼は期待通りのことを成し遂げてきた」とエース右腕を称賛。チーム内での信頼は厚いようだ。

奪三振率は錚々たるメンバーを抑えてメジャートップ

 では、ダルビッシュの問題点は何なのか。よく言われるのが、球数の多さ。これは、投球スタイルと大きく関係している。圧倒的な奪三振能力を誇るがゆえに、打たせて取るタイプの投手よりも、球数が増加してしまっている。

 同紙は、米データサイト「ファングラフス」のデータを紹介しており、これによるとメジャー移籍後のダルビッシュの1イニングあたりの平均投球数は16.3球。同じ2012年以降で見ると、600イニング以上を投げた投手の中ではメジャー65位、ア・リーグ24位だという。

 1打者あたりの平均投球数も紹介しており、ダルビッシュは3.94でメジャー83位、ア・リーグ30位だとした上で、「これはクリス・セール(68位、3.87)、ジェイク・アリエッタ(3.93、81位)、クリス・アーチャー(3.95、87位)、そしてマックス・シャーザー(3.98)と同等の領域に位置する。彼らはすべてダルビッシュのような、奪三振のスペシャリストである」と、三振奪取能力の高いピッチャーに共通する要素としている。

 その上で、ダルビッシュの奪三振率は11.03で、メジャートップであると改めて言及。シャーザー(10.85、2位)、セール(10.32、4位)、カーショー(10.19、5位)、クルーバー(9.72、6位)など錚々たるメンバーを抑えているという。そして、ダルビッシュがトミー・ジョン手術から復帰後、ア・リーグ9位&メジャー18位の防御率3.45、同5位&8位の257奪三振、同2位&5位の被打率.215とあらゆる成績で上位の数字を記録していることも指摘。「成績は嘘をつかない、判断を誤ることもない」と、エース右腕の能力に疑いの余地はないと結論づけている。

 今オフのFA市場でNO1選手との評価を受けており、大争奪戦に発展すると見られているダルビッシュ。年平均3000万ドル(約34億円)の大型契約を手にするか、注目が集まっている。その投球、そして結果で、メジャートップクラスの実力者であることを証明し続けたいところだ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)