“平成唯一の3冠王”松中信彦の今 新たな挑戦への第一歩、その心境とは

“平成唯一の3冠王”松中信彦の今 新たな挑戦への第一歩、その心境とは

ベースボールアカデミーで小・中学生にバッティングの技術指導を行う松中信彦氏【写真提供:トータルワークアウト】

指導者としての道を歩み始めた松中氏

 平成唯一の3冠王、元ソフトバンクの松中信彦。2016年に19年間の輝かしい現役生活に幕を閉じ、引退した稀代のスラッガーが、2017年5月末、第2の人生をスタートさせた。テレビ、ラジオなどでの解説を務める一方で、指導者としての道を歩み始めた。

 松中氏といえば、2004年に打率.358、44本塁打、120打点をマークし、プロ野球の歴史で7人(11度)しか成し遂げていない、打者として最高の栄誉である3冠王を獲得。その前年、2003年にも123打点で打点王、そして2005年も46本塁打、121打点で本塁打と打点の2冠、2006年には打率.324で首位打者を獲得。首位打者2回、本塁打王2回、打点王3回と数々のタイトルを手にした。

 西武時代の松坂大輔との名勝負の数々や、2011年のクライマックスシリーズでの代打満塁本塁打、そして4番として日本を初代王者に導いた2006年のWBCなど、数々の記録、記憶に残る活躍を残した大打者である。

 その松中氏の姿が5月末、福岡市内のトレーニングジムにあった。福岡の中心部、中洲にあるビルに居を構える「トータルワークアウト福岡」。このジム内で小・中学生を対象とした「松中信彦ベースボールアカデミー」を開校させたのだ。

 引退を表明した際に、指導者への思いを語っていた松中氏。だが、プロを相手とした指導ではなく、なぜ小・中学生を対象としたアカデミーの設立に至ったのか。

子供たちを教えることで増える「引き出し」

 その思いを、こう語る。

「自分の中で、プロだけを教えていればいい、というのではいけないという思いがあった。野球教室だけでは長く教えられないし、成長を見ることは出来ない。自分が教えたことで、1か月後、2か月後、3か月後、1年経った時にどういう子たちになっていくのかという楽しみがあるし、それを見たかった。自分が教えるとなると小学生にはどういうことを教えないといけないのか、中学生にはどういうことを教えないといけないのか、という勉強も出来る」

「色々な引き出しも持たないといけない。プロはある程度仕上がっているから、少しのアドバイスで直せるけど、子供たちはそうじゃない。うまく、大きく育てる中で、ポイントポイントを教えてあげないといけない。やりがいはあるし、間違っちゃいけない。自分も勉強していかないといけないと思うし、引き出しも増えていくと思う」

 このアカデミーでは、松中氏が基本に重点を置いたバッティングの技術指導を行い、それに加えて「トータルワークアウト」のトレーナーが、トレーニング方法を教える。

「アカデミーの目標はフルスイングの出来る体作り、フォーム作り。フルスイングでもオーバースイングになってしまったら意味がない。(ソフトバンクの)柳田のようにフルスイングしても、バランス良くフルスイング出来る体作りとフォーム、ヘッドスピードを身につけさせてあげたい」

 3冠王にまで上り詰めた松中氏のバッティングのイロハを、惜しみなく伝えていくつもりでいる。

第2、第3の松中育成へ―、指導者としての第一歩「自分にとっては良かった」

 体も、技術のレベルも違う小学生と中学生。それぞれに合った形のメソッドも用意するという。

「小学生はやっぱり楽しくやらないといけない。まずは野球の楽しさというものを伝えたい。中学生でも、ある程度のレベルにある子には基礎、基本を教えてあげられる。『こうしなきゃ打てない』ではなく『こういう時はこう』『こういうタイプはこう』というそれぞれのタイプに合わせた形で教えていってあげたい。

 あとは何を目指すか、ですね。甲子園に行きたいのか、プロに行きたいのか、という部分でも違ってくる。高校生でマックスを目指すなら、今からウエートをやることも必要かもしれない。でも、プロを目指すなら今は基本的なトレーニングをやる、基本のスイングを身につけようということになります」

 今冬には「学生野球資格回復研修会」へ参加する予定で、高校生の指導が出来る指導者資格の取得を目指すという。「将来的には、プロの指導者をやりたいという思いはあるけど、自分はプロだけしか見ないよ、ではいけないと思う。基本に戻って、小・中学生を教えるというのが、指導者としてのスタートとして、自分にとっては良かったと思っています」。

 指導者としての道を歩み始めた松中氏。その教え子から、3冠王を取るような第2、第3の松中が育ってくることを期待したい。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)