球宴第1戦、全パの西武秋山の先頭打者弾で幕開け 2球目をレフトに運ぶ

全セの先発・中日バルデスの直球を叩く

 プロ野球の「マイナビオールスター2017」第1戦が14日にナゴヤドームで開催され、西武の秋山翔吾外野手が先頭打者弾を放った。

 1回表、全パの「1番・右翼」でスタメンに入った秋山は、1ストライクから中日バルデスの2球目の直球を叩いた。打球はレフトのフェンスをギリギリで越えるホームランに。全パがいきなり先制点を奪った。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)