球宴第1戦、全パの西武源田が痛烈打球に横っ飛び美技 初出場で持ち味発揮

前半戦終了時点で守備指標は断トツの数字誇る源田

 プロ野球の「マイナビオールスター2017」第1戦が14日にナゴヤドームで開催され、西武のドラフト3位ルーキー源田壮亮内野手が美技を見せた。

 2-2の同点で迎えた7回、先頭の巨人阿部がオリックス山岡の直球を捉え、三遊間へ痛烈なゴロが飛ぶ。源田はこれをダイビングキャッチ。すぐさま一塁に送球し、アウトに仕留めた。

 好守備を連発し、前半戦終了時点で守備指標のUZRは両リーグ断トツの14.9をマーク。新人離れした活躍を続ける男が、初の球宴でも持ち味を見せた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)