田澤純一、わずか7球で3者凡退の好救援、強烈投手返しにも見事に反応

田澤純一、わずか7球で3者凡退の好救援、強烈投手返しにも見事に反応

マーリンズ・田澤純一【写真:Getty Images】

フォーサイスの投手返しをグラブで止めてアウトに仕留める

 マーリンズの田澤純一投手が14日(日本時間15日)、本拠地でのドジャース戦に登板し、1回をわずか7球で3者凡退とする好救援をした。

 味方打線が逆転した直後、4-3の6回に2番手として登板。先頭ベリンジャーをカウント2-2から5球目スプリットで空振り三振とすると、続くフォーサイスには初球を痛烈なピッチャー返しとされたが、見事に反応。腹部を直撃しそうな打球をグラブで止めて落とし、アウトに仕留めた。最後はピーダーソンを初球で遊撃ライナーに打ち取った。

 前半戦は苦しい登板が続いた右腕だが、後半戦は上々のスタートを切れた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)