「僕も同じ思い」―イチローとプホルス、同期の大打者2人が抱くリスペクト

「僕も同じ思い」―イチローとプホルス、同期の大打者2人が抱くリスペクト

エンゼルスのアルバート・プホルス(左)とマーリンズ・イチロー(右)【写真:Getty Images】

稀代の打者が互いに寄せる思い「不思議な縁を感じることがある」

 2017年6月3日、エンゼルスの誇るスラッガー、アルバート・プホルスは、満塁ホームランという最高の形で史上9人目の600号本塁打を達成した。

 本拠地でのツインズ戦。4回裏2死満塁の場面で、ツインズ右腕サンタナがカウント1-2から投げた4球目スライダーを捉えると、天にも届きそうな特大“ムーンショット”が左翼席に着弾。本拠地ファンの目の前で歴史を刻んだ。

 それから約1週間前。交流戦でマイアミに遠征したプホルスは、久々に再会したイチローと大きなハグを交わした――。

 2001年4月2日。2人は同じ日にメジャーデビューを飾った“同期”。同年、161試合に出場し、打率.329、191安打、37本塁打、130打点を挙げたプホルスは、ナ・リーグ新人王を受賞。157試合に出場したイチローは、打率.350、242安打、56盗塁を決め、ア・リーグ新人王とMVPを同時受賞した。

 かたや日本球界で実績を積んだプロ10年目の27歳“ベテラン”。かたやミズーリ州のコミュニティカレッジからドラフト13巡目でプロ入りした2年目の21歳。日本人とドミニカ共和国人。プロフィールこそ全く異なる2人だが、共通しているのは野球に対する真摯な姿勢。そして、メジャー17年目を迎えた今も現役を続け、歴史を塗り替える活躍をしていることだ。

「イチローは、現代が誇る偉大なるプレーヤーの1人。今もなお活躍し続ける体を保ち続けることは、信じがたいほどだよ。時折言葉を交わすチャンスに恵まれるんだけど、彼は人間としても素晴らしい。この前もマイアミに行った時に『3000安打おめでとう』って伝えたんだ。“同期”デビューということもあって、なんだが不思議な縁を感じることがあるんだ」

 そんなプホルスの思いを伝え聞いたイチローは、柔らかな表情を浮かべながら「僕も同じ思いですよ」と話した。

大記録を10年継続した“同士”「実際に続けた人にしか分からないことがありますからね」

「彼も3割、30本を10年続けたわけで。そういうのは、実際に続けた人にしか分からないことがありますからね」

 イチローが2001年から10年連続で3割&200安打を記録した一方、プホルスも同期間に3割&30本塁打&100打点をマークした。互いにハイレベルなパフォーマンスを継続した“同期”は、滅多に言葉を交わさずとも、継続することの難しさ、プレッシャー、得も言われぬ心境を共有する“同士”になったのだろう。

 だからこそ、600号本塁打に続き、メジャー通算3000安打達成も射程内に捉えるプホルスは、誰よりも「3000」という数字の重みを知っている人物なのかもしれない。稀代のスラッガーは、今年4月に古巣シアトルへ凱旋したイチローが受けた最上級のもてなしに「深く感動した」と満面の笑みで振り返る。

両リーグ新人王が揃って17年も現役を続けている例は稀

「シアトルでイチローが受けたスタンディングオベーションを見たかい? いいものを見させてもらったよ。シアトルはとても素晴らしいもてなしをした。イチローはそれに相応しいアメージングなキャリアを送っているんだからね」

 両リーグ新人王が揃って17年も現役を続けている例は稀だ。2001年以降を見ても、今季も2人がメジャーでプレーしているのは、2006年のジャスティン・バーランダー(タイガース)とハンリー・ラミレス(当時マーリンズ、現レッドソックス)より若い世代になる。

 もちろん、プホルス&イチローの2001年コンビ以前の新人王が揃って現役を続けている例はなく、唯一1999年にア・リーグ新人王に輝いたカロルス・ベルトラン(当時ロイヤルズ、現アストロズ)が、まだ一戦で活躍しているくらいだ。

 イチローは50歳までの現役続行を目標に掲げ、プホルスは2021年までエンゼルスとの契約を残す。すでに、米国野球殿堂入りが確実と言われる2人の偉大な打者は、どこまで成績を伸ばすのか。互いをリスペクトしながら、バットを振り続ける。(佐藤直子 / Naoko Sato)

関連記事(外部サイト)