「チョットマッテ」―広島ジョンソン、取材中断で報道陣を待たせた理由とは

「チョットマッテ」―広島ジョンソン、取材中断で報道陣を待たせた理由とは

広島のクリス・ジョンソン【写真:荒川祐史】

昨年は外国人投手史上2人目の沢村賞、女房役の石原は「アメリカに連れて帰りたい」

「少し時間はかかったが、やっと自分のピッチングができた」

 いつも通りの冷静な口調の中に、わずかだが高揚感のようなものが感じられた。オールスター前、最後の試合となったDeNA戦で、先発の広島ジョンソンは、今季最長となる8回1失点の好投で4勝目を挙げた。緒方監督が「気迫あふれる投球。今季一番だった」と絶賛した快投で、チームは2位阪神に8ゲーム差と独走状態での首位ターンを決めた。

 14年オフ、MLBを含めた数球団の争奪戦の末に広島入りしたジョンソンは、その評判通り来日1年目から14勝をマークし、防御率1.85でタイトルも獲得した。2年目の昨季は、チームメートの野村祐輔と最後まで最多勝争いを演じ、15勝で次点に終わったが、防御率2.15で外国人投手として史上2人目の沢村賞に輝き、チームの25年ぶりのリーグ優勝に貢献した。

 将来性は買われながら、MLBでは未勝利に終わったジョンソンが、日本でここまで成功した理由は何だったのか。技術面では、来日してから投げ始めたという「スパイクカーブ」が大きな武器となっている。人差し指を立てる独特の握りから繰り出す、この緩い変化球は緩急の「緩」の役割を果たし、しかも縦に大きく変化するボールで、特に左打者には厄介なボールとなっている。アメリカに渡った日本人投手が、MLBの滑るボールに苦労することが多いが、ジョンソンの場合は「滑らないボールは自分に合っているし、マイナーリーグのボールが日本のものに似ていたのが良かったのかもしれない」と扱いやすい日本のボールで、各球種の精度が高まった。

 キャッチャーの石原慶幸の存在も大きい。ジョンソンが「来日してから今まで、サインに首を振ったことが数回しかない」と絶対的な信頼を寄せる“恋女房”の名前をヒーローインタビューでは常に挙げる。言葉に関してのコミュニケーションの問題も「言葉は少なくても、お互いに何をすればいいかわかっている。基本的に同じ方向を向いているので、少しの言葉でも通じる」と意に介さず、「キャッチャーとして全てが素晴らしい。アメリカに連れて帰りたい」と絶賛する。

「チョットマッテ」、ジョンソンが報道陣をまたせた理由とは?

 3年目の今季は「キャンプの流れもわかってきたし、コーチにも配慮してもらっている。自分のやりたいように調整できたし、今年も沢村賞を狙いたい」と、万全の状態で開幕を迎えたはずだった。しかし、2年連続の開幕投手となった今季初登板は、試合前まで降り続いた雨に低気温と最悪のコンディションに見舞われ、結果は来日最短となる3回2/3、7失点で降板。さらに試合後には、咽頭炎を発症して登録抹消となり、約2か月間の離脱を余儀なくされた。

 交流戦に入って復帰を果たしたが、勝ち星こそ重ねるものの、内容的には昨年までと比べると物足りないものだった。そして迎えた前半戦の最終戦で、左腕はようやく本来の姿を見せた。

 ヒーローインタビューが終わり、ベンチ裏に下がって報道陣の囲み取材を受ける前に、ジョンソンは「チョットマッテ」と、いったんロッカールームに下がった。10分ほど経った後、再び報道陣の前に姿を現した左腕は、「登板前に自分の投球のビデオを見たりして、いろいろ考えて調整してきた結果が出た。どの球種もしっかりコーナーを突くことができたし、高低にもコントロールできた」と満足そうに語り、「もう少し早くこういう投球ができればと思っていたが、今日がターニングポイントになって、これからさらに上を目指したい」と、後半戦の活躍を誓った。

 いつになく雄弁だったジョンソンが、報道陣を待たせた理由とは――。自他ともに完全復活を認めたこの試合、通算1500試合出場を果たした石原を祝して、チームの仲間たちと乾杯するためだった。(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)

関連記事(外部サイト)